人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年5月17日

【横浜好き】新潟で7年ぶりの勝利&ハマスタ最多観客動員。『週刊ベイスターズいいとこどり』5月10~15日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

今季唯一の地方開催試合となる新潟での巨人戦から、週末は地元に戻って阪神との対戦。雨天中止に歴代最多の観客動員数、頼れる主軸の復帰に開幕投手の登録抹消など、いろいろありましたが、先週4試合の“いいとこ”を探していきましょう。

J SPORTS オンデマンド番組情報

◆5月10日 ○3-1 巨人(新潟)

コロナ後では初となる地方での主催ゲーム。新潟で7年ぶりの勝利となった試合は、先発したロメロが7回1失点の好投で自身3勝目をマーク。6回まで被安打2、失点は内野ゴロの間の1点のみで、2死から連打を浴びた7回も、外野からの見事な中継プレーに助けられてゼロに抑えた。8回は伊勢大夢が三者連続空振り三振の快投でホールドを記録し、最後は山崎康晃が、好調のウォーカー、岡本和真を連続三振で今季4セーブ目を挙げた。

攻撃陣は、初回に相手守備にも助けられた牧秀悟の犠牲フライとソトの2点タイムリーによる“スミ3”で勝利を決めた。4月20日以来のスタメンとなった関根大気柴田竜拓がマルチ安打を記録した。

◆5月12日 ●1-4 巨人(横浜)

試合開始前から雨が降り続いた悪条件の中で行われた試合は、初回の楠本泰史のタイムリー二塁打による1得点のみと、打線が振るわなかった。牧が3安打猛打賞とひとり気を吐いたが、2打席は先頭打者で、3本全てが無走者での安打だった。4回は無死2、3塁、6回には無死2塁とチャンスを作ったが、2イニングで5つの三振と走者を動かすことさえできず、巨人先発の菅野智之を攻略できなかった。

投手陣は、先発した大貫晋一が自らを助けるバント処理での好守など、粘りの投球で7回2失点と好投したが、2本のソロ本塁打が致命傷となった。

◆5月13日 雨天中止 阪神(横浜)

◆5月14日 ●2-9 阪神(横浜)

横浜スタジアム史上最多となる3万2481人の観客数を記録したが、投打とも振るわず完敗に終わった。試合前の時点で防御率リーグトップだった先発の上茶谷大河が、7失点を喫して今季最短の4回2/3で降板。3番手の宮國椋丞も2失点と阪神打線の勢いを止められなかった。砂田毅樹が2イニング、平田慎吾が1イニングを無失点に抑えたが、敗戦処理の投球に過ぎなかった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ