人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年9月3日

【オリックス好き】快進撃を支えるリードオフマン~福田周平~

野球好きコラム by 大前 一樹
  • Line

福田周平選手

今季、オリックス・バファローズは、激戦パ・リーグの主役を演じている。“全員で勝つ!”というスローガンを旗印にシーズンを快走する姿は、勝利を渇望して止まないファンのハートを掴んで放さない。長きに亘って解消されないままだった得点力は確実にアップ。加えて、ここ一番の勝負強さがチームに大きな力を与えているのは明らかだ。

そんな、攻撃面での火付け役は、5月11日以降、1番に定着した福田周平だ。打率.298、出塁率.378(いずれも8月30日時点)はリードオフマンとしては申し分ない数字である。「僕が一番こだわりたいのは出塁率ですね。打率プラス1割が理想かな」とは、彼が以前から口にしていた言葉。今や、何があっても外せない1番打者なのだ。

J SPORTS 放送情報

「試合では最初に打席に立つわけで、そこで僕が出塁すれば勢いもつきますし、流れも良くなる。僕の後に良い打者が控えているわけですから当然ですよね。出塁してホームに還る。これが、1番打者としての僕の役割だと思っています」。実際、福田、宗、吉田正尚、杉本と続く打線は相手チームの脅威となっている。課題とされていた主砲・吉田正尚の前後の役者が完全に埋まったわけだ。その1ピースが、リードオフマンの福田周平というわけだ。

ただ、今季のスタートは、福田周平にとって芳しいものではなかった。開幕戦のスタメンオーダーの中に彼の名前はなかった。1番センター、2番セカンドには今季の飛躍が期待されていた若いプロスペクトが抜擢された。チームの将来を見据えた方針による若手起用は、福田の主戦場をファームでの試合へと変えていったのだ。2軍では1番の他、2番、3番、6番という打順を任され、ポジションもセカンド、サード、レフト、センター、DHと固定されることはなかった。「正直、モチベーションが上がらず、ネガティブな思考に陥ったこともありました。ただ、そこはしっかり切り替えて、いつ一軍に呼ばれてもいいように準備だけはしていました」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ