人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年8月9日

菊池雄星、5回無失点。好投でスイープ回避に貢献

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

菊池雄星、8勝目ならずも好投

マリナーズの菊池雄星は現地8月8日(日本時間9日)、敵地ヤンキースタジアムでのヤンキース戦に先発登板し、5回4安打無失点、6奪三振3四球の好投でチームの勝利に貢献した。

『MLB.com』は同日付で掲載した試合の速報記事のなかで、「日曜の午後の2-0の勝利により、マリナーズはポストシーズンへのレースで追っている相手に対する4試合のスイープ(シリーズ全敗)を回避した」とした。

そして、「オールスター投手のユウセイ・キクチは、5回を投げ、6月12日以来となる無失点ピッチングを披露」と、スコアレスのまま降板となったことで、勝敗こそつかなかったものの、チームに勝利を呼び込む好投をした左腕の活躍を伝えた。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

一方、スポーツニュースサイト『TNS』は、同日付で掲載した記事の冒頭で、「ユウセイ・キクチとブルペンがヤンキースを6安打に抑え、カイル・シーガーがスコアレスの同点で迎えた8回に適時二塁打を放ったことで、マリナーズは2-0でヤンキースに勝利し、シリーズ4連敗を免れた」と試合をサマライズ。

記事によると、ヤンキースを率いるアーロン・ブーン監督は、この日のシアトル投手陣について、「向こうのブルペンは、とても良い仕事をして、我々を零封したと思う」。

「実際、我々はキクチに対しては、かなり良い打撃が何度もあったと思う。我々は試合を通して彼を苦しめていたし、何度も鋭い打球を放った」と述べ、左腕を攻略し切れなかったことを悔やんだとのこと。

なお、記事では零封パフォーマンスを見せた左腕について、「キクチは騙すような投球で、何度もヤンキースの打者の体勢を崩した」としている。

さらにマリナーズのスコット・サービス監督は、この日の菊池の投球について、「立ち上がりから質の高い投球がかなり良かった。ヤンキースはこっちに忍耐を強いるから。彼らはあまりボール球に手を出さないんだ」と述べたと伝えている。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ