人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年8月4日

【横浜好き】エキシビションマッチでチャンスを伺う選手たち「週刊ベイスターズいいとこどり」7月27日~8月1日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

緊急事態宣言下のオリンピックだけではなく、プロ野球のエキシビジョンマッチも日々、順調に行われています。シーズン前のオープン戦と同様に、ペナントレース後半に向けて、選手たちにとって重要なこの期間。このコラムではいつも通りに、先週の「いいとこ」を探していきましょう。

まずはエキシビジョンマッチにいく前に、東京五輪でのDeNA選手もチェックしておきましょう。

DeNAで唯一の侍ジャパン選出選手となった山崎康晃は、初戦のドミニカ共和国戦に4番手として登板。クリーンアップとの対戦となった8回の1イニングを1安打無失点に抑えた。

DeNAからもう1人、アメリカ合衆国代表として出場したオースティンは、クリーンアップの一角として、「ホームの」横浜スタジアムで目覚ましい活躍を見せた。初戦のイスラエル戦で本塁打を含む3安打3打点。2戦目の韓国戦でもダメ押し点となるタイムリーを放ち、チームのグループステージ首位通過に貢献した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

さて、7月27日のエキシビジョンマッチの開幕カードは、敵地でのソフトバンクとの2連戦。初戦は細川成也が左中間スタンドまで運ぶ豪快な本塁打、伊藤裕季也がタイムリー二塁打で1打点と、後半戦に一軍での飛躍を狙う若手がアピールした。投手陣は先発した坂本裕哉が5回4失点と結果を残せなかったが、2番手以降の進藤拓也池谷蒼大伊勢大夢が1イニングずつを無失点に抑えた。

侍ジャパンが開幕のドミニカ共和国戦で、劇的サヨナラ勝利を飾ったその裏で、サヨナラ負けを喫した第2戦。先発したロメロが6回2失点と合格点の内容で、後半戦ローテ入りが期待できる投球を見せた。攻撃陣では、牧秀悟が本塁打を含む2安打1打点。4番で起用された伊藤裕はこの日もタイムリーを放ち、2打点の楠本泰史関根大気はマルチ安打と定位置を狙う中堅の活躍も光った。

福岡から仙台に場所を移して、7月30日(金)から楽天との3連戦。投手戦となった初戦で、唯一の得点となるタイムリーを放ったのが、代打で登場した伊藤光。楠本が2安打と好調をキープし、伊藤裕は安打を記録したが、3三振と課題も見せた。投手陣は、先発した今永昇太が若い益子京右とのバッテリーで5回1失点の好投。後を継いだ4投手が無失点に抑えたが、3番手に登板した田中健二朗は、左ひじ手術から育成契約を経ての一軍復帰登板となった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ