人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年8月2日

大谷翔平、次回の登板は今週の後半と現地報道

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

次回登板は今週の後半か

エンジェルスの大谷翔平が、不運にもダグアウトでファウルボールが手に当たったことで、次回登板が決まっていないのは既報の通りだが、次回登板の予定が次第に具体化しつつあるようだ。

『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、現地1日付で投稿した記事の中で、大谷の次回登板は今週半ばのレンジャーズとのシリーズ後半か、あるいは週末のドジャースとのシリーズのどこかになるのではないかと伝えている。

記事の中でボリンガー記者は、「二刀流スター、ショウヘイ・オオタニの次回登板は、水曜にエンジェルスのダグアウトでファウルボールが当たったことによる親指の痛みが続いているため、まだ決まっていない」とした。

その上で、「エンジェルスのジョー・マドン監督は、月曜から木曜にかけて開催されるテキサスでのレンジャーズとの4連戦の終盤か、あるいは週末のドジャースタジアムでの3連戦の序盤になるのではないかと踏んでいる」と伝えた。また記事では、引き続き打者としての出場に問題はないとしている。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

記事によると、マドン監督は投手・大谷の状況について、「彼の登板は良ければテキサスでの終盤、あるいはLAでの序盤になる。でも、まだはっきりとした日にちは分かっていない。しっかりと確認したいからね」。

「痛みはあるが、良くなってはいる。もし、彼にとって気になるようであれば、彼をマウンドには上げたくないんだ。後退しているわけではない。我々は彼にはマウンドへ戻る前に、治って準備が整った状態になって欲しいだけなんだ」と述べたとのこと。

なお、ボリンガー記者は、ナショナル・リーグの本拠地で開催されるインターリーグのドジャース戦で大谷が先発登板すれば、彼を投打の両方で起用できることから、代打起用に比べアドバンテージになると論じている。

これについてマドン監督は、「ナショナル・リーグとの試合を彼抜きでプレーしたことはあるけれど、(大谷がリアル二刀流で出場すれば)間違いなくアドバンテージになる。でも、まだいつになるか(投手としての復帰の日にちは)決まっていないんだ」と述べている。

また、登板間隔が開くことについてマドン監督は、「登板の間隔がどれだけ開こうが、彼は変わらない。余分に休んだ後に彼が100球投げたとしても、私は心配していないし、余分に休んだことが残りのシーズンへ向けて起爆剤になるとも思っていない。

彼は唯一無二なんだ。登板の間にこなすことが最小限であっても、彼は皆が見てきたパフォーマンスを見せているんだ」と、大谷がこれまでと変わらず、高いパフォーマンスを発揮し続けるであろうことに太鼓判を押している。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ