人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年7月29日

【横浜好き】個人的に選ぶ、前半戦投打のMVP。「週刊ベイスターズいいとこどり」夏の増刊号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

横浜DeNAベイスターズ

世の中は完全にオリンピックモード。先週は五輪期間中に行われるエキシビジョンマッチの開幕前、試合のない1週間でした。

とは言え、仮にも『週刊』を名乗り、1週も休むことなく続けてきたこのコラム。何か書かなければ、ということで、今回は特別企画として『週刊ベイスターズいいとこどり』が選ぶ、前半戦の投打のMVPを挙げてみたいと思います。

◆投手の前半戦MVPは山崎康晃

まずは投手から。先発投手の最多が5勝の濱口遥大と、左腕王国の夢が儚く破れる中、頑張ったのがリリーフ陣だった。新型コロナウィルスの影響で外国人選手の来日が遅れた中、7月には6連投と今季もフル回転のエスコバー、ワンポイントやビハインドでの登板など、状況を問わない起用で見事復活を果たした砂田毅樹、そして忘れてはならない、開幕から苦しみながらも、クローザーの重責を黙々と果たした三嶋一輝など、候補は多い。

J SPORTS オンデマンド番組情報

それでも個人的に、恐らく一般的な意見としても認められるのではないかと思うのが、プロ7年目で初めて守護神の役割以外でシーズン開幕を迎え、セットアッパーとして復活を果たした山崎康晃。彼を前半戦の投手MVPに選びたい。

昨季は0勝3敗、防御率5.68とプロ入り後、ワーストの成績で守護神の座を剥奪され、敗戦処理の起用もあった。今季も春季キャンプを二軍で過ごし、オープン戦出場もなしとスタートは最悪だった。それでもなんとか開幕一軍に滑り込むと、4月には11試合連続無失点を記録するなど、抜群の安定感でブルペンを支えた。

中継ぎという地味なポジションだが、印象的だったのが5月2日のヤクルト戦。7-7と乱打戦となった同点の8回に登板した山崎は、この日3安打のサンタナを、149キロの外角低めの速球で見逃し三振に打ち取ると、続く西浦直亨を内野ゴロ、最後は代打の川端慎吾を全てストレートで3球三振。わずか10球で三者凡退に抑え、その裏に味方が勝ち越して今季2勝目をマークした。

侍ジャパンに選出された東京五輪では、ストッパー候補にも名前が挙がる山崎。昨季からつくづく感じるのが、9回以外に流れる「Zombie Nation」には、いまだに違和感があること。コロナの影響でヤスアキジャンプもまだ見られそうもないが、三嶋の状態次第では、後半戦に守護神に返り咲く可能性も大いにありそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ