人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月29日

【横浜好き】6年ぶり甲子園での同一カード3連勝で最下位脱出。「週刊ベイスターズいいとこどり」6月22日~27日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

左から桑原、宮崎、関根

巨人に連敗の後、阪神に3連勝と、結果的にセ・リーグを盛り上げる形となった先週のベイスターズ。良くも悪くもペナントレースの台風の目になりつつある状況ですが、ひとまずそんな全体の流れは気にすることなく、このコラムではブレることなく“いいとこ”を探していきましょう。

コロナ禍で懐かしい響きのようにも思える巨人との“北陸シリーズ”2連戦。金沢で行われた初戦は、先発した中川虎大が先制打となるタイムリーを放ってプロ初打点を記録したが、2本の3ラン被弾に泣いた。

宮崎敏郎が安打と二塁打でマルチ安打。途中出場でマスクを被った山本祐大が今季5安打目を放った。投手陣は、中川の後を継いだ櫻井周斗が2イニングで被安打1、2四球を与えたが、4奪三振で無失点、シャッケルフォード伊勢大夢も1イニングずつをゼロで抑えた。

舞台を富山に移しての第2戦は、アメリカから復帰登板の山口俊と約1ヶ月ぶりの一軍昇格となった梶谷隆幸と、元DeNAの2人とのマッチアップが注目された。初回に柴田竜拓が先制のソロ本塁打を放ったが、2回以降は連打がなく、山口に復帰後初勝利を献上した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

佐野恵太がマルチ安打と内野ゴロの間の1打点、下位では大和が2安打と1四球で4打席中3度、出塁した。投手陣は先発した今永昇太が梶谷を3打席無安打に抑えたが、6回4失点で2敗目。7回はシャッケルフォード、8回はエスコバーが無失点に抑えたが、打線が巨人の小刻みな継投に封じられた。

甲子園に乗り込んでの首位阪神との初戦は、5投手の完封リレーで最下位脱出を果たした。先発した濱口遥大が左脇腹の違和感もあり、5回73球、被安打2で降板。6回からは砂田毅樹、エスコバー、山崎康晃三嶋一輝が阪神に得点を許さなかった。

打線は初回にオースティンが、浜風の影響を受けない低い弾道でライトスタンドに入る2ラン本塁打。6回にはタイムリーを放ち、チームの全打点を叩き出して打率部門(.332)でリーグトップに浮上。宮崎が3安打猛打賞、桑原将志もマルチ安打を記録した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ