人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月21日

大谷翔平、トップに並ぶ第23号本塁打。ここ6試合で6発、1発が出なかった試合は先発で6回1失点の勝ち投手

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

毎日が“ショウタイム”である。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

現地6月20日(日本時間21日)に本拠地エンジェルスタジアムで行われたタイガースとのシリーズ最終戦に、2番・指名打者で先発出場した大谷翔平がMLBトップに並ぶ今季23号2ランを放った。

試合は延長の末、エンジェルスが3-5で敗れたことから、現地紙『オレンジカウンティレジスター』は、同日付で電子版に掲載した試合の速報記事の冒頭で、「ショウヘイ・オオタニによるホーマー集中砲火の最新弾も、エンジェルスがシリーズをスイープするには十分でなかった」と伝えた。

同記事によると、エンジェルスのジョー・マドン監督は試合後、勢いの止まるところを知らない大谷について、「とんでもなく素晴らしいだろ?見ていて本当に楽しい。彼はかなりの自信と共にプレーしている。投球的にも、打撃的にも、走塁的にも、彼は非常に才能豊かであり、その上、彼はものすごい自信を持ってプレーしているんだよ」と評したとのこと。

6試合で6発と量産体制

もちろん、『MLB.com』でエンジェルス担当するレット・ボリンガー記者も、同日付で投稿した試合の速報記事の冒頭で、大谷のMLBトップタイに並ぶ23号弾について伝えている。

記事では「オオタニはこのところ、異世界の選手になっている」と表現した上で、「ここ6試合で6本目の本塁打は、MLBトップのブラディミール・ゲレーロJr.に並ぶ今季23号であり、この間、彼は唯一柵越えしなかった木曜の試合では、マウンドに上がり、デトロイトを6回1失点に抑えて勝ち投手となった」と報じた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ