人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月16日

ダルビッシュ有、標高と気温の高さに苦戦

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

パドレスのダルビッシュ有は現地6月15日(日本時間16日)、今季7勝目を期して敵地クアーズフィールドでのロッキーズ戦に先発登板するも、5回0/3を投げて6安打4失点5奪三振2四球とし、勝敗はつかなかった。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

試合はパドレスがフェルナンド・タティスJr.の今季20号ソロや、ダルビッシュ自身による適時打などで4-0とリードするも、右腕は標高が高いことから打者有利とされる球場でリードを守り切ることができず、4-4となった6回途中で降板となった。パドレスはその後、ロッキーズにコンスタントに追加点を許し、4-8で敗れた。

高地で苦戦したダルビッシュ

現地局『CBSスポーツ』は、同日付で電子版に掲載した記事の中で、この日のエースの投球について、「クアーズフィールドで投げるのは常にタフであり、この試合で登板したダルビッシュの数字がそれを反映していた」とし、「彼は今季最も非効率的な投球を見せた」と伝えた。

さらに、「右腕は最初の3回は完全に制御できているかに見えたが、持ち堪えることはできず、6回に一死も取れずに降板となった」としつつ、「日本人ハーラーの防御率は2.57に上がったが、彼が引き続きナショナル・リーグで最も信頼できる投手の1人であることに変わりはなく、今後も全てのフォーマットで力強くプレーするだろう」としている。

一方、地元紙『サンディエゴユニオントリビューン』は、同日付で電子版に掲載した試合の速報記事のなかで、「ダルビッシュがこの試合で第1球を投じた際の気温は100度(約38.7℃)に達しており、5回1/2が経過してもまだ90度(約32.2℃)だった」ことから、「先発投手のユウ・ダルビッシュは、打者2人分マウンドに長く残されたと言えるかもしれない」とした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ