人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月21日

大谷翔平、4回7奪三振も7四死球と大荒れも指揮官は心配せず

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

今季2回目の登板は4回無失点

エンジェルスの大谷翔平は現地4月20日(日本時間21日)に本拠地エンジェルスタジアムで開催されたレンジャーズ戦で、予定通り先発マウンドに復帰。

4回80球を投げ、1安打無失点、7奪三振と見せ場を作るも、6四球に加え1死球と試合を通じて制球に苦しむ場面も見せた。4回で予定の投球数に達し、降板となったことから大谷に勝敗はつかず、試合はエンジェルスが6-2で勝利し、前夜の屈辱を晴らす結果となった。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

地元紙『オレンジカウンティレジスター』は同日付で電子版に掲載した記事の中で、この日の二刀流スターによる速球の球速が、前回登板時より若干落ちたことについて触れた。

「オオタニは速球がマメの原因となったと述べており、そのため、今季初めて登板した際は速球を56%投げたのに対し、火曜の夜はわずか39%となった」とした。

その上で、「速球の(平均)球速は時速98.1マイル(158キロ)から95.6マイル(154キロ)に落ちた」と伝えた。記事によると、「オオタニはこの両方の調整は意図的なものだった述べた」とのこと。

また、記事ではこの試合で大谷が投げた80球中、ストライクが37球だった制球の問題について、「マドン監督はオオタニのコントロールの問題は、比較的マウンドでの時間が少ないことにより、なまったことが原因だと信じていると述べた」としている。

試合後、マドン監督はこの課題について、「これは彼がマウンド上でリズムを掴めば解消する。今回はまだ彼にとって2回目の先発だった。マメもあったんだ。彼は以前にも少し速球の制球に問題を抱えていたことがあったが、彼をマウンドへ出せば出すほど、制球は良くなるだろう」と述べたとのこと。

記事では、大谷が今季これまで2回の先発登板で8回2/3を投げ、11四球としながらも、3安打しか許しておらず、自責点もわずか1に留めており、14奪三振としている事実にも着目。

これについて、マドン監督は「彼の持っているものはそれだけ良いんだ。彼はあれだけ四球があっても戦い抜くことができる。通常、この男を打ち負かすことはできないんだ。複数の本塁打や、ライナーの安打をたくさん打つことはできないんだ」と述べたとのこと。

また、同記事によるとこの日初めてレギュラーシーズンの試合で、大谷とバッテリーを組んだカート・スズキは、大谷の投球について、「(マックス)シャーザーや(スティーブン)ストラスバーグのような選手同様、僕がこれまで捕ったなかでも最高の投球だね」。

「僕は彼の投球はそういう選手たちに比肩すると思う。彼は特別な才能だ。調子の良い彼が見られて興奮している。見ていて美しいものさ」と手放しで称賛している。

今後、実戦のマウンドでの時間を増やすことで制球が修正されれば、文字通り怖いものなしとなりそうだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ