人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月20日

有原航平、2勝目。大谷翔平から主役の座を奪う

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

筒香のレイズ戦に続き、2勝目をマーク

今季2度目の日本人メジャーリーガー対決は筒香嘉智のいるレイズ戦に続き、またしてもMLBルーキーの右腕に軍配が上がった。

現地4月19日(日本時間20日)にエンジェルスタジアムで開催されたエンジェルスvs.レンジャーズの一戦では、エンジェルスの大谷翔平が2番・指名打者で先発出場し、レンジャーズは有原航平を先発マウンドに送り込んだため、アナハイムで元チームメイトによる日本人対決が実現した。

この2人による直接対決は、有原が大谷を併殺打と中飛に打ち取り(2打席目の中飛はフェンス際への大飛球で、中堅のガルシアによるファインプレーが大谷の本塁打を阻む形となった)、日本ハム時代の先輩の意地を見せる結果となった。

結局、有原は5回2/3を投げ、2安打無失点6奪三振2四球と快投し、今季2勝目を挙げた。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

試合後、テキサスの地元紙『ダラスモーニングニュース』は同日付で電子版に「ショウヘイ・オオタニが注目を集めるなか、コウヘイ・アリハラが主役となりレンジャーズを勝利に導く」と題した速報記事を掲載。

その冒頭で、「このシリーズは全てショウヘイ・オオタニで持ち切りになると約束されている」としつつ、この試合では有原が大谷やマイク・トラウトといった強打者を抑えて勝ち投手となったこと。

そして、かつて短期間ながら巨人でプレーしたアドリス・ガルシアが大谷の本塁打を好守で阻み、中日でプレー経験のあるジョエリー・ロドリゲスが、好リリーフを見せたことから、「しかしながら、この一夜は、日本を経由して(メジャーへ)来たレンジャーズの3選手が違いを見せた」と伝えた。

なお、この試合でトラウトと2度対戦した有原は、何れの打席もMLB屈指のスラッガーを三振に打ち取っているのだが、記事によると、レンジャーズの投手が同じ試合でトラウトから複数回三振を奪ったのは、2016年のコルビー・ルイス以来であり、球団史上わずか3回目とのこと。

また、記事では、「アリハラはスプリットでトラウトを打ち取った」とし、続けて、「しかし、スプリットは予測不能な数々の球種によりお膳立てされた」とした。

その上で、この試合で有原が投げた77球のうち、「同じ球種は21球以上投げておらず、全部で7球種を投げ、うち5球種は少なくとも10球以上投げた」と、球種の豊富さに焦点を当てた。

これについて、チームメイトのイアン・ケネディは、「僕にはあれが指圧によるものなのか、彼のやり方によるものなのか分からない。でも、いとも簡単にボールを左右、上下に動かしているように見えるんだ。試合では、毎回ブルペンで投げているように見える。とにかく見ていて楽しいんだ」と述べたとのこと。

メジャーの水に慣れた、日本から来たルーキー右腕が、いよいよその本領を発揮し始めたようだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ