人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年4月7日

【横浜好き】ベイスターズ連敗脱出。初勝利までの苦難の道のりを振り返る

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

三浦大輔新監督がようやく初勝利を手にした。開幕から9試合目、首位の広島相手に勝利が決まった瞬間、横浜スタジアムは大きな声援、は禁止なのでなかったが、それ以上の大きな拍手に包まれた。

開幕から約2週間、長いトンネルを抜けての初勝利となったが、勝てなかった8試合もみどころはたくさんあった。今回は三浦ベイ初勝利までの苦難の道のりを、活躍した選手をピックアップして振り返ってみよう。

優勝候補筆頭の巨人が相手となった開幕戦では、FAで移籍した梶谷隆幸の補償選手で加入した田中俊太が、古巣相手に痛快な恩返しを見せた。第1打席に犠牲フライでチームの今季初打点をマークすると、3回にはセンターへ同点のタイムリーヒット。

7回と9回にはいずれも二者が生還するタイムリーと、4打数3安打6打点と爆発した。この日の田中俊は、2死走者なしで迎えた第3打席を除き、最初の打席から無死満塁、2死1・3塁、2死満塁、2死2・3塁と、ことごとくチャンスで打席を迎え、その全てで結果を残した。

巨人との2戦目では、倉本寿彦と戸柱恭孝の途中出場した2人の選手が活躍。6回に代打で登場した倉本は、2打席連続で安打を放った後、9回の第3打席では無死満塁の場面に内野ゴロで打点も記録した。

同じく6回から登場した戸柱も、9回に2点タイムリーヒットを放つなど、3打席中2打席で出塁した。投手ではルーキー池谷蒼大が8回にプロ初登板し、1イニングを三者凡退に抑えた。

投手戦となった第3戦は、先発した平良拳太郎が5回までパーフェクトに抑える好投。6回の先頭打者に二塁打を打たれた後、右ひじの張りで降板したが、後を継いだ砂田毅樹、山崎康晃がピンチを凌いだ。野手ではルーキーの牧秀悟が、先制打となるタイムリー二塁打を含めて3安打でプロ初の猛打賞を記録した。

地元開幕戦となったヤクルト戦は、昨季初の2ケタ勝利をマークした大貫晋一が、今季初先発で7回1失点と好投した。走者を出しても要所を締める投球で、ソロ本塁打の1点のみに抑えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ