人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月16日

【中日好き】鈴木博志、将来像は描かない

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

登板後、取材に応じる鈴木博志

去年9月、鈴木博志はフルモデルチェンジをした。

2軍でくすぶっていた鈴木は夏のある日、シート打撃投手として1軍練習に呼ばれた。投げ終わった後、与田監督からある提案を受けた。「腕を下げてみたらどうだ?」。

投手にとってフォームチェンジは当たり前だが、腕の角度を下げるのは大幅な変更だ。鈴木博志のピッチングフォームは上から投げ下ろすが、フィールディングや練習中はサイドから投げる事が多い。その方がピッチングも自然だと指揮官は感じた。

鈴木は「社会人くらいからフィールディングは、気づけば横から投げる事が多くて。投球は上から意識して投げおろしていました。」と話す。

その大胆な変更に鈴木博志自身、迷いはなかったのだろうか。

「何かを変えないとと思っていたんです。今の自分に疑問を感じていたというか、それがフォームかどうかは分かりませんが、ストレートも143キロとかになってて。ちょうどそのタイミングで提案してもらったので、やってみようと思いました」。

J SPORTS 放送情報

早速、翌日からフォーム改造に着手した。大半の心配は、持ち味の球威が落ちる事だった。これが予想以上にしっくり来た。140キロ台のストレートは翌日152キロを計測した。

鈴木は「なんでも最初ってうまくいくんですが、その後ですよね。問題が次から次へと、って感じになって。気づけば腕がどんどん上がっていって、身体が慣れている形に戻ろうとしてしまうんです」。

「リリースポイントもバラバラ。引っかけて、抜けて、を繰り返していました。でも、不思議と腕の位置を戻そうとは思いませんでしたね」と話す。

根気よく新フォームに取り組み、およそ3週間でサイド気味に投げる形が板についてきた。

「何度も何度も、繰り返しシャドーして、同じ角度で違和感なく腕を振るように身体に覚えさせました。映像を見てシャドーして、地味な作業をひたすら繰り返しました」。

「結果、3週間くらいで安定してきたんです。今では逆に上から投げろって言われてもできないですね。それくらいしっくり来ています」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ