人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月1日

有原航平、3月3日のホワイトソックス戦で実戦デビュー

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

2021年のMLBスプリングトレーニングは開始から約2週間が経過し、現地2月28日には、いよいよアリゾナ開催のオープン戦にあたるカクタスリーグが開幕した。

有原航平の所属するテキサス・レンジャーズは、アリゾナをスプリングトレーニングの拠点としているため、今季MLBデビューを飾ることになる日本人右腕は、カクタスリーグでレンジャーズの一員としての実戦デビューを果たすことになるわけだが、どうやら登板する試合が決まったようである。

『MLB.com』は現地28日付で「レンジャーズが初期の投球プランを提示」と題した記事を掲載し、カクタスリーグ開幕から第4戦までの投手起用プランを明らかにした。

記事では先ず、「クリス・ウッドワード監督は、日曜にサプライズで行われる、カンザスシティとのスプリングトレーニング最初の試合では、レンジャーズの左腕、ウェス・ベンジャミンが先発すると木曜に発表した」とした。

「さらにウッドワード監督は、ベンジャミンが序盤の選択肢であり、カイル・ギブソンとコウヘイ・アリハラは、その週の後の方の試合まで投げないと述べた」と伝えた。

また、記事によると最初の4試合については、各投手とも1イニングのみの投球になる見通しとのことで、MLBの2021年版オペレーションマニュアルによると、3月13日までは、試合を行う両チームの監督が合意すれば、試合を5回、あるいは7回に短縮することができる旨を説明した上で、初戦のロイヤルズ戦は7回で行われると伝えた。

記事によると、現地28日の試合ではベンジャミンに加え、ジェイソン・バール、ジョー・ガット、ニック・ビンセント、ハンター・ウッド、そしてルイス・オルティスが登板。

有原はカクタスリーグ第3戦にあたる現地2日(火)、日本時間で3日(水)のシカゴ・ホワイトソックス戦で、カイル・コーディ、ブレット・デグース、ジョン・キング、そしてコール・ウィンらと共に登板する予定とのことである。

J SPORTS 放送情報

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ