人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年2月28日

【中日好き】福敬登、初のスローキャンプ

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

昨年は最優秀中継ぎ投手のタイトル(写真:球団提供)

キャリアハイの53試合登板。福敬登はこのキャンプ自身初のスロー調整をしている。

福はこれまでのプロ人生、キャンプではどちらかといえば、前半から追い込んで作っていくタイプだった。そんな選手がスロー調整を打ち出して過ごした沖縄キャンプ。

沖縄入り前、福はこう話していた。「自分としては飛ばしていって、2クール目には仕上げるつもりでしたが、阿波野投手コーチに呼ばれて話したんです」。

阿波野コーチからの言葉はこうだった。「チームとしては、もうアピールをして欲しいという立場では見ていない。ゆっくり調整していきながら、終盤で仕上げてくれればいい。必ず去年の蓄積疲労はどこかで出ると思う。キャンプ中の結果を求めるより、故障されるのがチームにとって一番マイナスだ」。

福はコロナ禍による変則シーズンをフル回転で戦った。決して十分なオフ期間があったとは言えない中でのキャンプイン。阿波野コーチは最優秀中継ぎ左腕の疲労を考慮した。

福はそれでも不安を抱えながらキャンプを過ごした。本当にこれで大丈夫か…。もっと追い込まなければ…。自問自答しながらのスロー調整。悶々とした気持ちを整理する日々で、救いとなったのは去年の失敗だった。

J SPORTS 放送情報

去年の春季キャンプ。沖縄セルラースタジアム那覇での巨人戦。福は登板後、阿波野投手コーチに厳しい言葉を浴びせられた。「今日ピッチング、俺には意図がわからん!」。

左打者へのテーマを持って上がったマウンド、丸などに打たれ結果は出なかったが、福の中ではそこまで言われなきゃいけないのか、という感情が残った。怒り。ふがいなさ。色々感情が爆発しそうな福は、試合後、北谷町まで帰るチームバスの乗車を拒否した。「歩いて帰ります…」。

練習着のフードを頭から被り、バックパックを背負った福はひたすら北谷町まで20キロの国道を歩いた。その表情は福があまり見せる事のない表情だった。感情を自分の中で押し殺し、冷静さを取り戻そうとしていた。「福、乗っていくか?」。そんな僕の言葉すら受け付けない背中だった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ