人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年11月21日

プロ注目のドラフト候補、元プロ、そしてレジェンド。都市対抗野球を彩る注目選手紹介

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

今秋のプロ野球新人選手選択会議(ドラフト会議)では、社会人野球界から10選手が指名され、そのうち9名は都市対抗野球大会に参加する。10名は例年に比べて少ない指名人数で、逆の見方をすると能力のある選手が社会人に残った。今回は「指名されなかった選手」から10名をピックアップして紹介したい。

社会人野球には様々なバックグラウンドを持つ選手がいる。入社1年目でドラフトの資格がなかった新人選手、プロを経由して社会人に加わっている中堅、チームを長く背負ってきたレジェンドと様々だ。今回はそんな多彩な人材を取り上げる。

第91回 都市対抗野球大会

◆投手

・小木田敦也(TDK)
・小野大夏(HONDA)
・森井紘斗(セガサミー)
・野口亮太(鷺宮製作所)
・廣畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)

今季復調したプロ注目の小木田

小木田敦也(TDK)は入社4年目で、秋田・角館高校時代から注目されている右腕。入社2年目となる2018年の都市対抗では、七十七銀行の補強選手に選ばれ、三菱重工神戸・高砂戦で150キロの速球を披露した。昨年は右肩痛もあって調子を落とし、チームも代表権を得られず、補強選手にも選ばれなかった。

しかし、今季は完全復活を果たした。小木田は2次予選の3試合すべてに登板し、そのうち2試合で先発。TDKが7年ぶりの都市対抗出場を決める立役者となった。第1代表決定戦はJR東日本東北を相手に延長12回まで投げ切り、完封勝利も挙げている。

174センチ・75キロと大型ではないが、速球だけでなくカーブなどの変化球も優れた実戦派。ドラフトの指名は高校の同期・赤上優人(東北公益文科大学→西武育成1位)に先を越されたが、小木田もいずれプロのマウンドに立つべき実力者だ。

飛躍の大会としたい小野

小野大夏(HONDA)は高崎健康福祉大高崎高校から入社して3年目の右腕。高3春の選抜大会はベスト8入りに貢献し、当時から140キロ台の速球も投げていた。HONDAでも入社直後から登板機会を得ている。全身のバネ、しなやかさが優れた「素材」でもある。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ