人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年11月21日

プロ注目のドラフト候補、元プロ、そしてレジェンド。都市対抗野球を彩る注目選手紹介

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

ただし、今回の南関東2次予選では朝山広憲、東野龍二、福島由登といった先輩がチームを引っ張った。小野も第1代表決定戦に2番手で登板したが、1イニング1失点で降板。県営大宮球場のネット裏でスピードガンを構えるスカウトたちを、納得させられなかった。とはいえ、成長途上の選手。好不調の波を克服してHONDAのエースとなれば、その先のステージも見えてくるはず。本大会での覚醒に期待したい。

ドラフト候補の森井

森井紘斗(セガサミー)は徳島・板野高から入社して3年目の右腕。彼も今ドラフトの候補に上がっていたが、指名から漏れた。184センチ・94キロの恵まれた体格を持つパワフルな本格派だ。

最速152キロ、常時140キロ台後半の速球を持ち、2種類のフォークなど縦変化を武器とする。その「可能性」は明らかだが、問題は安定感だ。東京都2次予選ではNTT東日本との第2代表決定戦に登板し、2回途中で降板。1回3分の2で4四死球、2暴投と乱調だった。

ただし小野も含めて、この世代はちょっとしたきっかけで自信を掴み、一気に脱皮することがある。本大会がそんな場となるかもしれない。

サウスポーの「小さな大投手」野口

野口亮太(鷺宮製作所)は仙台大学から入社して6年目の左腕。164センチ・65キロの「小さな大投手」だ。野口は前橋商業1年秋の関東大会から早くも好投を見せていたが、当時の登録は162センチ・52キロ。速球も120キロ台だった。ただ変化球を駆使し、コースを突くスタイルは当時から見事だった。登板機会を求めて仙台大学に進み、大学では通算25勝を挙げた。

鷺宮製作所入社後も2016年の都市対抗大会に、NTT東日本の補強選手として参加。リリーフとして4試合に登板し、優勝に貢献している。今秋の東京都2次予選では、第3代表決定戦、第4代表決定戦と要所で登板し、東京ドーム行きに貢献している。

速球は130キロ台だが、「スピード以上の勢い」があるタイプ。変化球の多彩さ、安定感は高校時代からいい意味で変わっていない。平川裕太とともに、チームの命運を担う存在だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ