人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年8月19日

田中将大、今季初黒星。「単に彼の夜ではなかった」と監督が語る

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

今季初黒星の田中

ヤンキースの田中将大は日本時間19日、本拠地でのレイズ戦に先発登板するも、3回に4失点するなど、5回途中8安打6失点で降板し、今季初黒星を喫した。試合は6-3でレイズが勝利した。

『MLB.com』でヤンキースを担当するブライアン・ホック記者は、同日付で「タナカの夜ではなかった」と題した記事を投稿。

J SPORTS 放送情報

その冒頭で、「今週のヤンキースタジアムのダグアウトでは、マサヒロ・タナカとゲリット・コールにより長い会話が交わされ、祝福された右腕たちは成功を得るべく、自ら好む投球シークエンスや、登板の間に行う取り組みについて意見交換を行った」と掲載。

「タナカは11日前に、レイズを5回1安打無失点に抑える、今季チームで最も冴え渡る登板の1つを披露しており、コールはその知識を活用しようとしていた」とチームメイト同士の会話について触れつつ、「今回はタンパベイがしっかり宿題をやり、タナカをハードに打ち崩した」と、田中がこの試合で痛打を浴びた部分を強調した。

この日、2本の本塁打を浴びた田中について、記事では「タナカが投じた71球のうち、10球は相手打者の打球初速が時速95マイル(153キロ)以上に達するハードヒットだった」と、弾き返された打球の質の高さについて触れた。

「スタットキャストによると、これはタナカがこれまでメジャーで投げてきた168試合で、最も高いハードヒット率であり、この日の彼は速球、スプリット、そしてスライダーに苦労した」と、マウンド上で苦しんだ一因を示した。

記事によると、アーロン・ブーン監督は試合後、田中について、「単に彼の夜ではなかったということ。通常、彼は必要に応じて何かに頼ることができる。彼な全3球種にそれを探し求めているように感じた。幾つか良いボールも投げたが、3球種全てにおいて彼は探り当てようとしているように感じた」と述べたとのこと。

今季初勝利へ向け、次戦でのバウンスバックを期待したいところだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ