人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年2月19日

秋山翔吾、打撃練習で指揮官にイチローを思い出させる

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

今季からレッズでメジャーに挑戦する秋山翔吾がアリゾナでつつがなくキャンプインを迎えたのは既報の通り。

『MLB.com』では現地18日付の記事で、そんな秋山が独自のアプローチでレッズのキャンプに新しい風を吹かせていると報じている。以下、くだんの記事の抜粋である。

J SPORTS 番組情報

「レッズの新外野手ショウゴ・アキヤマが火曜の打撃練習を行った際、この左打者の打った打球は何れもセンター方向、あるいはレフト方向へ飛んだ。ライト方向へ引っ張った打球は1つもなかったのである。

同じ組で打撃練習を行ったニック・カステヤノスと、アリスティデス・アキーノは、スイングの中で幾つかの打球を引っ張って柵越えの特大ホームランとしていた。

しかし、レッズ初の日本人選手であるアキヤマには、彼独自のアプローチがあった」。

「今日はコンタクトしようと心掛けていました」と、秋山は通訳のルーク・シノダを介して述べた。「レフト方向へ飛んだからといって、悪いとは思いません。今はこれを続けて行こうと思います」。

シンシナティにとって初の全体練習となったこの日は、日本から押し寄せた大勢のメディアが秋山の一挙手一投足をレンズに捉えた。かつて選手だったレッズのデビッド・ベル監督は、こういた類いの大騒ぎを過去に見たことがある。

ベルは2001年にイチロー・スズキが日本からやって来た時、マリナーズの一員だったのである。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ