人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年9月14日

菊池雄星、苦難とフラストレーションのルーキーイヤー

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

マリナーズの菊池雄星は日本時間14日(現地13日)、本拠地でのホワイトソックスで先発マウンドに上がるも、メジャーでのキャリア最短となる2回1/3で10安打5失点を喫して降板となった。

試合はホワイトソックスが9-7で勝利。菊池は負け投手となり、これで今季の成績は6勝10敗となった。

◆試合結果
CWS|1 1 3 3 0 0 0 0 1|9
SEA|3 0 0 2 0 0 0 2 0|7

J SPORTS 番組情報

『MLB.com』でマリナーズを担当するグレッグ・ジョンズ記者は、同日付で「シカゴに対する敗戦でキクチの苦難が重く伸し掛かる」と題した記事を投稿し、この日の菊池の投球について、監督のコメントを交え、次のように伝えている。

「日本からきた28歳は直近4試合を2勝1敗、防御率3.53とし、最近になって調子を上げていたが、彼のトラブルは、ア・リーグ最小得点チームのホワイトソックスを相手にした不十分なパフォーマンスで戻って来てしまった」。

「今日は多くの投球が真ん中へ行ってしまった」とサーバイス監督は述べた。「彼の制球は乱れていたし、特に変化球でそれが顕著だった。

彼のスライダーは我々が日頃見ているほど鋭くなかったし、彼の投げたカーブは幾つかは、プレートの真ん中へ行っていた。向こうの打線は彼を捕まえたね。上位打線は本当に良くバットが振れていた」。

菊池は2回1/3で10安打5失点を喫し、今季30試合の先発で6勝10敗、防御率5.46とした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ