人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年9月14日

田中将大、ポストシーズンを前に苦しむ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ヤンキースの田中将大は日本時間14日(現地13日)、敵地でのブルージェイズ戦に先発登板し、5回8安打4失点で降板。

田中は勝ち投手の権利を持ってマウンドを降りたが、その後、救援投手が失点し、今季11勝目はお預けとなった。試合は延長12回にブルージェイズが6-5でサヨナラ勝ちした。

◆試合結果
NYY|0 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 |5
TOR|0 1 0 2 1 0 1 0 0 0 0 1X|6

J SPORTS 番組情報

  • メジャーリーグ中継2019

    日本人選手先発試合を中心に放送!

  • 新番組がスタート!「MLBイッキ見!」

    「MLBイッキ見!」 メジャーリーグ情報を1週間分まとめてお届けする新番組がスタート。見逃したあの試合、日本人の活躍状況、注目の選手etc…1週間分のMLB情報をイッキに網羅できる!毎週金曜日 午後10時~ J SPORTS 1

ヤンキースは5回に打者一巡の猛攻で5点を挙げて田中を援護するも、右腕はその直後に失点し、ポストシーズンへ向け上昇気流をつかめないまま降板となった。これについて、『MLB.com』では試合の速報記事で次のように伝えている。

「マサヒロ・タナカは、5回に味方の攻撃陣が仕事は果たすなか、35分間座っていた。しかし、マウンドに帰ると、タナカは2分と経たずにトラブルに陥った。

彼はビシェットに先頭打者二塁打を許すと、キャバン・ビジオに適時打を浴び、ヤンキースのリードを5-4に減らした。タナカの失点はここまでとなったが、彼は5回8安打4失点で降板となった」。

また、地元紙『ニューズデイ』は同日付で電子版に「タナカが苦しんだ後ヤンキースは12回にビシェットのホーマーで沈む」と題した記事を掲載し、シーズン終盤に入って調子を落としている田中について、次のように伝えている。

「ヤンキースのキャリアでは素晴らしいポストシーズンの投手となってきたマサヒロ・タナカは、まだ彼の典型的なシーズン終盤の調子に達していない。そして、時は刻一刻と迫っている。

日曜にボストンでパッとしない4回を投げたタナカは、2万3915人が来場したロジャース・センターで、ヤンキースが12回に5-6でブルージェイズに敗れた試合でも、5回を投げ、特に良かったわけではなかった」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ