人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年8月19日

菊池雄星、わずか96球でメジャー初完投初完封!

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ここ最近の苦難は産みの苦しみだったようである。マリナーズの菊池雄星は日本時間20日(現地19日)、敵地でのブルージェイズ戦で先発マウンドに上がると圧巻のパフォーマンスを披露。

◆試合結果
SEA|0 1 0 3 0 0 1 0 2|7
TOR|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0

J SPORTS 番組情報

96球を投げ、2安打8奪三振でメジャー初完封を飾った。この菊池の快投について、『MLB.com』でマリナーズを担当するグレッグ・ジョンズ記者は、同日付で投稿した速報記事で次のように伝えている。

「これこそ、マリナーズが過去3ヶ月間待ち望んでいたユウセイ・キクチだった。メジャー最初のシーズン序盤に、有望視されていたパワーある左腕の姿である」。

先発した直近の14試合を1勝7敗、防御率7.50として、灯り始めた疑問符に答える形で、菊池はは、7-0で勝利した日曜のロジャース・センターでのブルージェイズ戦で、2安打完封と気を吐いた。

これは菊池にとってメジャー初完投で、これまでは10-1でヤンキースに勝利した5月8日の7回2/3が最長だった。菊池は日本において8シーズンで15度完投しているが、100球未満で投げ切ったことはなかった。

今回の完投に要したのは、わずか96球であり、菊池にとっては、3回1/3しか持たず、81球を投げて9安打5失点を喫した、火曜のデトロイトでの試合からの見事なバウンスバックとなった。

シアトルの投球コーチ陣、そしてチームメイトのマルコ・ゴンザレスとウェイド・ルブランと話し合った菊池は、投球モーションを単純化させた。

具体的には足のダブルキックを排除し、テンポを速めると共に、恐らくこれが最も重要なことだが、マウンドでリラックスするようにした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ