人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年8月17日

ダルビッシュ有、4試合連続無四球で7回無失点も勝敗つかず

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

シカゴ・カブスのダルビッシュ有は、日本時間16日(現地15日)に敵地でのフィリーズ戦で先発のマウンドに上がり、7回を4安打無失点10奪三振と、出色のパフォーマンスを披露した。

ダルビッシュはカブスが5-0とリードした状況で、勝ち投手の権利を手にしてお役御免となった。

だが、その後ブルペンが崩壊したチームはサヨナラ満塁弾を浴び、結局5-7で敗れたため、ほぼ手中に収めたと思われたダルビッシュの今季6勝目はお預けとなった。

◆試合結果
CHC|0 0 1 3 1 0 0 0 0 |5
PHI|0 0 0 0 0 0 0 1 6X|7

J SPORTS 番組情報

  • メジャーリーグ中継2019

    日本人選手先発試合を中心に放送!

  • 新番組がスタート!「MLBイッキ見!」

    「MLBイッキ見!」 メジャーリーグ情報を1週間分まとめてお届けする新番組がスタート。見逃したあの試合、日本人の活躍状況、注目の選手etc…1週間分のMLB情報をイッキに網羅できる!毎週金曜日 午後10時~ J SPORTS 1

この日のダルビッシュの投球内容について、『CBSスポーツ』は電子版のサマリー記事で次のように伝えている。

「ダルビッシュは木曜のフィリーズ戦で7回を投げ、4安打無四球とするかたわら、10奪三振を記録した。彼に勝敗はつかなかった。

木曜に秀逸な技量を見せたダルビッシュは、投げた全92球で17回空振りのストライクを奪い、今季3度目の二桁奪三振を記録した。更に、彼はボールをフィールド内に留め、4試合振りにホームランを許さなかった」。

また、これらと同等に重要だったのは、ダルビッシュがストライクゾーンでの見事な制球力を見せ、4試合連続して四球を出さなかったことであろう。

「悲惨だったシーズン序盤を経て、ダルビッシュは防御率を4.21に回復させ、WHIPを1.16とし、139回を投げ168奪三振とした。次戦も好調の維持を狙う彼は、水曜のサンフランシスコ戦で先発する予定となっている」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ