人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年7月11日

総合力の高い5チームが出場。都市対抗野球チーム紹介:北関東、南関東代表

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

7月13日に開幕する第90回都市対抗野球大会に向けて、各チームの紹介、注目選手の紹介を行っていく。今回は北関東、南関東の代表となった5チームを紹介しよう。

J SPORTS 番組情報

◆日本製鉄鹿島(北関東第1代表)

北関東第1代表は4年連続49回目の出場となる日本製鉄鹿島だ。住友金属時代からの名門だが、2019年4月に新日鐵住金からの社名変更により、チーム名が現行のものに改まった。

昨年のエースだった大貫晋一は、プロ入りしてチームを去った。一方で今回の第1代表決定トーナメント準決勝のエイジェック戦では、左腕・能間隆彰が完全試合を記録。

27歳の大型左腕は速球こそ130キロ台だが、内外角や低目の「ぎりぎり」を突く驚異的な制球力で内野ゴロ、見逃し三振を量産した。

プロ経験がある玉置隆(元阪神タイガース)、伊藤拓郎(元横浜DeNAベイスターズ)も出番があればキャリアを活かした渋い投球を見せるだろう。

東洋大のキャプテンを務めた2年目の右腕・飯田晴海もおり、本大会に向けてSUBARUのエース角田皆斗が補強選手として加わった。投手陣はかなり充実している。

打線は「2人の林」が気になる。中軸を任される二塁手・林悠平が予選3試合で8安打・3本塁打・11打点と大暴れ。またSUBARUの大ベテランで、39歳の右打者・林稔幸が補強されておる。彼の勝負強さや経験は、チームに還元されるだろう。

J SPORTS オンデマンド番組

◆日立製作所(北関東第2代表)

北関東第2代表は2年ぶり37回目の出場となる日立製作所。予選を見ると完投できる投手が見当たらず、本大会もSUBARUから補強された2投手も含めた継投となるだろう。

徳山大出身の新人左腕・岡直人の好投は明るい材料だ。130キロ台でも振り遅れを誘う切れ、伸びを持つ本格派だ。他にも青野善行、谷﨑龍など「今後」が楽しみな新人投手が揃っていて、岡に次ぐ新戦力の覚醒が待たれる。

打線はなかなか強力で、一発を期待できる打者が多い。予選は3番サード・森下翔平、5番指名打者・岡崎啓介の右打者ふたりが、18年目の左打ちロングヒッター田中政則を挟む形だった。

また、ショート野中祐也、セカンド岩崎恭平の二遊間は守備が抜群だ。岩崎は現在33歳で中日ドラゴンズ、オリックスバファローズで計9年プレー。「プリンス」の相性で親しまれた名手だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧