人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月12日

明治大学、コールド勝ちで初戦突破、38年ぶりの日本一へ好発進。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 明大スポーツ新聞部
  • Line

写真:昨秋以来の先発登板で好投した伊勢

梅雨らしいどんより空の下、第68回全日本大学野球選手権が開幕した。明治大学は東京六大学リーグの代表校として3年ぶりに出場。

初戦は北陸大学野球連盟代表の福井工業大学を相手に、9-2でコールド勝ち。初陣を快勝で飾り、幸先の良いスタートを切った。

明大の先発はエースナンバー『11』を背負う伊勢大夢投手(営4=九州学院)。「この試合の入りで大会の全てが決まる」と、並々ならぬ覚悟でマウンドに上がった。

J SPORTS 番組情報

序盤からコーナを丁寧に突く投球で、危なげなく相手打線を抑える。相手先発の南もテンポの良い投球で明大打線に突き入るスキを与えず。

両投手譲らず同点のまま迎えた4回の表、伊勢は先頭打者に四球を許し無死の走者を許す。

後続から連続三振を奪い二死2塁とするが、5番の神藤、6番の仲に連続タイムリーを浴び先制点を献上。リーグ戦期間中は主にロングリリーフとしての登板が多かった伊勢。

久しぶりの先発マウンドに、本人も「僕のせいで負けるのかなと思った」と、当時の心境を振り返った。それでも後続は仕留め、ビッグイニングにはさせず。粘りの投球で主導権は渡さなかった。

打線は2点ビハインドの直後の攻撃で、すぐさま同点に追いつく。先頭の北本一樹内野手(文4=二松学舎大付)が相手の失策で出塁。

続く、喜多真悟内野手(法4=広陵)も四球を選びチャンスを拡大。一死1・2塁から7番・陶山有軌外野手(商2=常総学院)がしぶとくセンター前に運び1点を返す。さらには、9番・清水頌太内野手(政経4=春日部共栄)の犠飛で同点とした。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧