人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月26日

連敗ストッパー菊池雄星、連敗ストップならず

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

マリナーズの菊池雄星がチームの連敗を4で止めるべく、日本時間26日(日)(現地25日)に敵地で開催されたアスレチックス戦で先発のマウンドに上がるも、4回途中に10安打5失点としたところで降板となった。

チームは6-5で敗れて連敗を5とし、菊池は今季2敗目を喫した。4回途中でKOとなったこの日の菊池について、地元紙『シアトル・タイムズ』は同日付で電子版に掲載した記事で次のように報じている。

◆試合結果
SEA 0 0 1 1 1 0 0 0 2 5
OAK 1 0 1 3 0 0 0 1 X 6

J SPORTS 番組情報

「スコット・サーバイス監督にボールを渡すユウセイ・キクチを満たすフラストレーションは、隠すことができなかった。

土曜午後の強い日差しを浴びて、汗でずぶ濡れになるなか、4回にまだ2死を残したところで、彼は感情を顔に表し、失意のまま頭を横に振りつつオークランド・コロシアムのフィールドを後にした。

チームが是が非でも真逆のパフォーマンスを欲するなか、彼はひどい登板を通して苦しんだ。彼による連敗ストップの試みは、見込みを大きく下回る早さで終わり、彼に期待されたレベルの投球も見られることはなかった」。

ここ1ヶ月でシアトル最高の先発投手となっていた菊池は、まだ短いメジャーのキャリアで最悪の登板を披露し、マリナーズは一度も追いつけないままアスレチックスに6-5で敗れた。

これでチームは5連敗となり、このロード連戦は未勝利で終わった。マリナーズは直近の25試合で20敗しており、今季の成績は23勝31敗まで落ちた。

「我々は良くなる」とスコット・サーバイス監督。「この流れは変わる。正しい姿勢を持ち、忍耐し続けることができれば、そうなると私には分かっている」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧