人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月15日

大谷翔平、MLB公式が「フィールド上で彼にできないことは何もない」

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

エンジェルスの大谷翔平は現地14日、今季初本塁打を放った前日に続き、敵地でのツインズ戦で3番・指名打者で先発出場し、4打数3安打1打点とソリッドな結果を残した。

しかし、現地では拮抗した試合展開の中、中盤から終盤にかけて2度に渡り、走塁時に捕殺された場面をクローズアップする報道が目立った。

エンジェルスがツインズに3-4で敗れたこの試合で、大谷は6回に三塁で、8回には本塁で、それぞれ同点の走者として捕殺された。

◆試合結果
LAA 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
MIN 1 0 2 1 0 0 0 0 X 4

J SPORTS 番組情報

これについて、『MLB.com』では、試合速報を伝える記事の中で、前者は大谷による判断ミスで、後者は単に中堅バクストンによる素晴らしいプレーだったとした。

同様に地元紙『オレンジカウンティ・レジスター』も、同日付で電子版に掲載した記事の中で次のように報じている。

「エンジェルスはここ数週間に渡り、ショウヘイ・オオタニに実戦形式で56打席の打撃練習を与えることで、実質的に彼が春季キャンプに加わらなかったことで逃した打席数を補うことができた。

しかしながら、彼らは走塁の経験を補うことはできなった。オオタニはエンジェルスがミネソタ・ツインズに3-4で敗れた火曜の夜、走塁時に2度捕殺されたが、そのどちらともが同点のランナーとしてであった。

オオタニは走塁練習をしたと述べたが、それは実戦形式で彼が判断をする類いの練習ではなかった」。

「試合に出続け、走塁時の試合勘を取り戻す必要があります」と大谷は通訳を介して述べている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧