人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月13日

【楽天好き】ジャバリ・ブラッシュ、イーグルスを勝利に導くナイスガイ

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line

一番の強敵であるソフトバンクを相手に、7点ビハインドからの逆転勝ちを収めた8日。楽天勝利の瞬間は、楽天生命パークでは、中継カメラが揺れるほどの大歓声が轟いた。

その劇的なサヨナラ打を決めたルーキーの辰己涼介のもとへ、真っ先に駆けつけて彼を掲げたのが、ジャバリ・ブラッシュだ。

2メートル近い大男のブラッシュは、辰己を主役とばかりに持ち上げると、すぐに少し離れて、ほどよい距離でチームメイトともみくちゃになって喜んだ。なんとも、縁の下の力持ちで控えめな性格だなあと思った。

この試合はキャプテンの銀次が5安打を放ち、今季初登板の戸村健次が5回から4イニングに渡って無安打の快投をするなど、辰己の他にも“ヒーロー”がいた。

だが、実はブラッシュこそ、7点ビハインドから2ランで反撃の狼煙をあげ、あわせて5打点を叩き出したスーパーヒーローだったのだ。

J SPORTS 番組情報

◆カリブの小国で見出され、母に背中を押されて…

さらにブラッシュは、翌日のソフトバンク戦でも2ランで反撃を牽引。今月に入ってから、誰よりも派手に活躍している。

「まだまだこれから」(2ランのコメント)
「チームが勝つために次も打つ」(翌9日の9号2ランのコメント)

いずれも淡々と語っていて、どんな劣勢からも巻き返してやるという、静かな執念が感じられるというもの。控えめながらも秘めたハングリー精神は、その生い立ちやキャリアからも垣間見える。

初めて話したのは春季キャンプ。あまりに大きいので見上げて、「(アメリカ時代での)ニックネームのBig Daddyどおりに大きいですね!」と声をかけると、上半身を折り曲げて照れ笑いした。

出身は、カリブ海に浮かぶヴァージン諸島のセント・トーマス島。プエルトリコのすぐ東に位置し、首都のあるセント・トーマス島はアメリカ領だが、ベースボールはあまり盛んではない。

ブラッシュも、その大きな身長からバスケットボール少年だったそうだが、母に背中を押されてベースボールに転向。

地元紙などによると、島で始まったばかりだったという、若い才能を見出すプログラム(特別野球教室のようなもの)に参加し、程なくスカウトの目に止まると、見事アメリカ行きの切符を手にした。

2007年にはホワイトソックス、2009年にはレンジャーズからアマチュアドラフトで指名されたが、本格的にベースボールに取り組んだのも15才と遅く、試合経験も少なかったため、「まだ準備と勉強が足りない」と辞退。

フロリダの大学でハードな練習を積んで、20才となった2010年にマリナーズからドラフト8巡目で指名され、「3度めの正直」でプロとなった。

メジャーデビューは、それから6年後。アメリカ本土で独りマイナーから這い上がり、開幕メンバーに残ったブラッシュは、いの一番に母に電話したという。

母はブラッシュを含めた3兄弟を育てあげたシングルマザー。その後ろ姿でも、ブラッシュに与えただろう影響は計り知れない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧