人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月9日

菊池雄星、圧倒的投球でヤンキースを沈黙させる

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

菊池雄星による2試合連続の快投が勝ち星につながった。日本時間9日(木)(現地8日)、菊池は敵地でのヤンキース戦に先発登板し、7回2/3を投げ3安打1失点の好投でメジャー2勝目を手にした。

この菊池の見事なパフォーマンスについて、『MLB.com』でマリナーズを担当するグレッグ・ジョンズ記者は、同日付で投稿した「キクチはブロンクス初訪問で勝利」というタイトルの記事にて、次の書き出しで詳細を報じている。

「ユウセイ・キクチのコンディションを良い状態で保とうと努めるなかで、マリナーズはローテションの中で支配力を持つ、新たな左腕の鍵を開けたようだ。

メジャー初年度の負荷を限定する方策として、1回のみの短縮先発で投げて以来、キクチは2試合続けて傑出した投球を見せた。27歳のルーキーは、シアトルが10-1で勝利した水曜夜のヤンキース戦で、7回2/3を投げ、わずか3安打1失点に抑えたのである」。

J SPORTS 番組情報

菊池は初めてヤンキースタジアムのマウンドに上がったこの試合で、6回1死までヤンキース打線を無安打に封じる素晴らしいピッチングを披露。

地元紙『シアトルタイムズ』は電子版に掲載した菊池の快投を伝える速報記事の書き出しで、そのことについて次のように触れている。

「ジェームス・パクストンがトロントで達成したマリナーズによる最後のノーヒットノーランから1年、シアトルのもう1人の左腕がそのような魔法がかった可能性をちらつかせた。

ヤンキースタジアムで初めて投げたルーキーのユウセイ・キクチは、本来脅威を感じるべき場所で完全に落ち着いているようだった。

速球、カーブ、そしてスライダーという彼のベストの3球種をバランスよく配分することで、彼は効果的にヤンキース打線を封じ、2戦連続となる出色のパフォーマンスでマリナーズを10-1の勝利へと導いたのである」。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧