人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月11日

【楽天好き】青山浩二、ベテランが今も輝いている理由

野球好きコラム by 松山 ようこ
  • Line
野球好きコラム 楽天好き

いつも柔らかな表情が印象的なベテラン投手が、例年以上に逞しく大きく見えた。それでいて優しさのにじみ出る笑顔は変わらない。今季初め、2軍キャンプにいた青山浩二を訪ねたときのことだ。

「え? 体重は増えましたよ。84キロ。去年83だったので、1キロ増えた。ちょうど身体も慣れてきたところですね」

実際に、少し“大きく”なっていたのだ。だが、その“変化”は昨季からに端を発する。

「一昨年まで、だいたい78~9キロだったんです。でも、去年は食事でストレスを抱えないように、好きなときに好きな物を食べるようにしたんです。そうしたら、83キロになっていた」。

穏やかな雰囲気で語るが、その決断は大英断だったようだ。

◆「自分が思うことの逆をやる」

生え抜き投手でチーム最年長の青山は、昨季からプロ野球選手ではなかったかもしれない。

一昨年の契約更改では、年俸減額制限を大幅に超える4000万円ダウンで辛うじて残留。「クビって言われたのに、星野さん(故・星野仙一氏)のおかげで残してもらったんです」という。

すると、その恩に報いるように、昨季の青山は2年ぶりに50試合以上登板とフル回転し、チーム最多の26ホールドと貢献。見事なV字回復で、今季は3000万円増の契約更改をしている。

その裏で、体重を増やしていたのは驚きだった。理由を尋ねると、少し自虐じみて語る。

「一昨年の終わりぐらいから、自分が考えたことの逆を行くことにしてるんです。つまり、直感とは逆。ぼくの場合、直感ってあんまり良くないから」。

「例えば、直感で打たれることもある(笑)。サインに首振ったら打たれちゃうみたいにね。だから、逆にしたんですけど、うまくいってるんです」。

「もちろん、悪い時もあるけれど、その時は生活を変えるだけです。例えば、今回良くなかったのは、何日か前にもっと早く寝ておけばよかったのかな、とか、十分に野球に集中できていなかったんだと考えて、その原因を見つけます」

「失敗することもあるけれど、めげないためには開き直りも必要と思っています。別に誰も見てない、一人になっても大丈夫っていうぐらいの。孤独を恐れないことですかね」と目尻を下げる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧