人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月1日

メジャー開幕の陰で始まるマイナーリーガー田澤純一の戦い

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

まだまだ、これからだー。

現地3月26日、田澤純一が、キャンプ終盤に自由契約となったカブスで「メジャーリーグ復帰」を目指すことになった。

「自分のできるだけの結果は出せたと僕は思っているので、なかなか(気持ちを)切り替えるのは難しいと思いますけど、契約してもらえたことは良かったかなと思いますし、これから少しづつ、気持ちを整えつつ、少しでも結果を出して、少しでも早く上がれたらいい」と田澤。メジャーリーグと隣合わせのマイナーリーグ施設で彼は早速、投球練習を行った。マイナー契約のキャンプ招待選手だった時は背番号16。マイナー・キャンプでは33番を背負う(まだ所属先のマイナー球団が決まってないので、背番号は暫定的なものだ)。

田澤はメジャーリーグのオープン戦で6試合無失点という「結果」を残した。去年は苦労していたフォークボールで空振りを奪う場面も多く見られ、キャリア最低だった昨季の不調を脱した印象が強かった。

とりわけ初戦のホワイトソックス戦と最後のドジャース戦で、オープン戦に有りがちなマイナー選手相手ではなく、メジャーの主力選手が相手に三振を獲りまくったことで首脳陣からも高評価された。

「レッドソックス時代のようなスピードはないかも知れないが、今もまだ、あのスプリット(≒フォークボール)で三振を獲る術を備えているし、素晴らしいスプリング・トレーニングを過ごしているのは間違いない」とジョー・マドン監督は言った。

それでも田澤がメジャーに上がれなかったのは、ビジネス上の理由=25人枠が空かなかったからだ。

1月26日に田澤がマイナー契約を交わした後、2月1日に元ヤクルトのトニー・バーネットが最初から40人枠に入るメジャー契約で加入。2月11日には前ブレーブスのブラッド・ブラックがバーネットよりもさらに良い条件でメジャー契約した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧