人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バドミントン コラム 2022年1月17日

世界王者になった山口茜「誰にでも合わせられる選手が、一番強い」

バド×レポ by 平野 貴也
  • Line

世界王者になっても変わらないな、という印象だ。バドミントン女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は2021年12月にスペインで行われた世界選手権で初優勝を飾った。山口がいつも言うのは、試合を見てくれる人への思いだ。世界一について聞けば「実感はないです」、世界王者として見られることについて聞いても「それは、分からないです」とはにかむばかりだが「周りの人が自分のことのように喜んでくれるのが一番嬉しい」と、そこだけはニコニコしながら話す。しかし、期待に応えることが喜びであれば、それがかなわないときの悲しみもある。
メダル獲得が期待された東京五輪が2大会連続のベスト8に終わった点をどう捉えているか、22年シーズンをどう過ごしたいと考えているか。世界ランク1位を破った世界選手権の決勝戦の手応え、これから目指すプレースタイルも含めて話を聞いた(取材日:12月23日)。

山口茜選手

――世界選手権の優勝、おめでとうございます。タフなシーズン、お疲れさまでした。世界選手権を優勝した直後は、まだ実感がないと話していました。帰国して、ファンの方々のメッセージなどにSNS等を通じて触れる機会もあると思います。少しは世界一になったことを実感できている部分はありますか

山口:ありがとうございます。帰国してもまだ隔離期間があって、そんなに落ち着いてはいないですけど、少しはホッとしています。ただ、まだ人に直接会っていないから、実感が沸いてこないのかなと思いますけど、SNSでファンの皆さんに「おめでとう」と言ってもらったりとか、知り合いとやり取りをする中で、自分のことのように喜んでくれる人が身近にたくさんいたりするので、それが一番嬉しいなと今は思っています。

■「終わり良ければすべてよしとは……」

――21年の下半期は、男女混合スディルマン杯、女子団体ユーバー杯で東京五輪の金メダリストに2連勝。日本女子シングルスのエースとして活躍し、個人戦でも欧州2大会と世界選手権を優勝と素晴らしい成績でした。当地では「団体戦から始まったのが良かった」と話していましたね

山口:五輪が終わった後は、前回の2016年リオデジャネイロ大会の時よりも、結果を受け入れるのが難しく、次、という気持ちになり辛かったです。五輪から次の試合まで(約2カ月)期間は空きましたけど、自分のモチベーションが高いわけではない……気がしていて、個人戦だったら、あまり良いプレーができなかったかもしれないと思います。でも、団体戦は、エースかどうかは関係なく、やっぱり仲間がいるので、簡単に諦めることはできません。スタッフも一番勝つ可能性があると思ってオーダー(起用)を組んでいると思います。(支え合う仲間のいる)団体戦だからこそ、前向きにできたこともたくさんあったので、それが個人戦にも良い感じでつながって行ってくれたのかなと思います。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バドミントンを応援しよう!

バドミントンの放送・配信ページへ