人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2021年10月22日

焦点はパントュローVS.オーダーマットの総合優勝争い。 黄金カップル、キルデ&シフリンの王座復帰なるかにも注目【アルペンスキー FIS ワールドカップ 2021/22 シーズン・プレビュー】

SKI GRAPHIC present’sアルペンスキーコラム by SKI GRAPHIC
  • Line
アレクシー・パントュロー

昨シーズン、悲願の総合優勝を果たしたアレクシー・パントュロー。連覇はなるか?

~今シーズンも本格派のスキーヤーに向けたスキーマガジン『月刊スキーグラフィック』とのタイアップでアルペンスキーFIS ワールドカップの見どころを紹介するコラムを定期的にお届けします~

まもなく開幕するAudi FIS スキーワールドカップ。連綿と歴史を積み重ね、今季で56回目の冬を迎える。果たして2021/22シーズンがどんな戦いになるのか、ファンにとってはわくわくする季節の到来だ。

まず、昨シーズンのワールドカップを簡単に振り返っておこう。
男子総合優勝争いは、序盤から快調に飛ばしたアレクシー・パントュロー(フランス)をマルコ・オーダーマット(スイス)が中盤以降激しく追い上げたものの、最後はパントュローが逃げ切るといった展開となった。彼にとっては、ワールドカップ13年目にして初の総合優勝。常にチャンピオン候補と言われていながら、なかなかクリスタル・グローブに手が届かなかったが、ついに頂点に立つこととなった。彼はもっとも得意とするGSで、3連勝を含む4回の優勝を記録し、また初開催のレッヒでのパラレルGSでも優勝。この結果、GSの種目別優勝も獲得。こちらも初のタイトル獲得となった。

そのパントュローにわずかに及ばなかったオーダーマットは、ダウンヒルからGSまでをカバーする準オールラウンダー。昨シーズンはGSで2回、スーパーGで1回優勝しており、ダウンヒルでも表彰台直下の4位を記録。彼にとって不運だったのは、シーズン前半に新型コロナウイルスに感染して、レッヒのパラレルGSを欠場したこと、そして、最終戦のダウンヒルとスーパーGがいずれも悪天候で中止となってしまったこと。もし、これらの不運がなかったとしたら、総合優勝のタイトルの行方はまた違ったものになったかもしれない。

マルコ・オーダーマット

勢いという点ではマルコ・オーダーマットがNo.1。新たなスター候補生としても注目

このふたりに続いたのは、マルコ・シュヴァルツ(オーストリア)。スラロームをもっとも得意とする彼は初の種目別タイトルを獲得。GSでの得点を加えて総合では3位と大きく躍進した。2回の優勝を含め10レース中7レースで表彰台に上った安定感は、チャンピオンの名にふさわしい活躍だった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ