人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2021年3月2日

2ヶ月のブランクを経て、ディアバレー2連戦で絶対王者が復活

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

早くも復帰したキングズベリー(左)と、それを誰よりも待っていた堀島(中央)。両者の対決がディアバレーで実現

パンデミックが続くなかで、'21季のモーグルW杯は2020年12月中旬以来の長いブランクを経て、2月4~5日のディアバレー(アメリカ)での連戦で再開となった。
この空白期間は、選手たちにとって、“ハイシーズンに約2ヶ月近くも集中的に雪上トレーニングができる”という異例のチャンスであったものの、しばらくレースがないことでモチベーション維持が難しいシチュエーションともいえた。
また、すでに中止が発表されていた3月の秋田たざわ湖大会2戦に加え、2月中にカルガリー(カナダ)で予定されていた2戦もキャンセルとなってしまったことを確認しておきたい。そのため、今季のW杯は2020年内に北欧で行われた3戦、ディアバレーでの2戦に加え、3月14日のアルマティ(カザフスタン)で行われる最終戦DMの計6戦という、例年の半分程度となる少ない大会数となった。
一方で、明るいニュースもある。中国で予定されていたフリースタイルスキーの世界選手権は、一旦キャンセルが発表されたが、アルマトイが代替地として名乗りを挙げ、3月8~11日に開催されることになったのだ。
MOは3月8日、DMは9日に行われる。つまり、W杯最終戦と併せてアルマティでの3連戦が、今シーズンのクライマックスとなる。

住吉が嬉しい初表彰台。キングズベリーは復活即優勝

ディアバレーは、毎回シーズン中もっとも多くの観客が集まる会場だが、今回は残念ながら無観客での開催となった。
初日、MOでは女子で日本のモーグルファンには嬉しい結果が待っていた。スーパーファイナルに進出したのは、ユリア・ギャリシェバ(KAZ)、住吉輝紗良(JPN)、カイ・オーエンス(USA)、ジャカラ・アンソニー(AUS)、川村あんり(JPN)、ペリーヌ・ラフォン(FRA)の6名。2番目に滑った住吉は、第1エアのランディングからミドルセクションのつなぎもスムースにこなし、大きなミスのない滑りで79.55の好得点を出し暫定首位となる。続くオーエンス、アンソンニーは住吉に追いつけずで、住吉の初表彰台が決定。次の川村は80.94点で住吉を凌駕し、最後に滑ったラフォンが川村を上回る83.23点で今季4度目の優勝を決めた。川村が2位で住吉は3位。日本の女子選手2名が表彰台に上がるという喜ばしい結果となったのだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ