人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2021年1月6日

スラローム7レースがポイントか?怒涛の連戦に突入する1月のワールドカップ

SKI GRAPHIC present’sアルペンスキーコラム by SKI GRAPHIC
  • Line

12月末の段階で総合トップに立った昨シーズンのチャンピオン、アレクサンダー・オーモット・キルデ

気がつけば、ワールドカップは早くも中盤戦に差しかかった。男子は12月にフランス、イタリアを転戦し、悪天候に悩まされながらも予定された11レースを消化。本命と見られていた選手が予想外にもたつく一方、思いもよらなかった伏兵がワールドカップ初優勝を記録したりと、各種目ともに混戦模様だ。当然ワールドカップ総合でも僅差の上位争いが展開されている。

年末の段階で総合トップに立っていたのは、昨シーズンのチャンピオン、アレクサンダー・オーモット・キルデ(ノルウェー)。ヴァル・ディゼール(フランス)の高速系オープニングゲームでスーパーG12位、ダウンヒル4位と出遅れたが、続くヴァル・ガルディナ(イタリア)ではようやくエンジンがかかり、両種目ともに優勝。さらに年末のボルミオ(イタリア)でもスーパーG4位、ダウンヒル6位と手堅くまとめ、総合首位の座を奪った。

序盤戦では技術系を中心にポイントを積み重ね首位を走っていたアレクシー・パントュロー(フランス)は、キルデの猛追にリーダーの座を明け渡したものの、その差はわずか3点しかない。表彰台に立ったのは優勝したレッヒ(オーストリア)でのパラレルGSのみだが、出場したレースではすべて上位をキープし、スーパーGでも1桁入賞を重ねている。このふたりの安定感は群を抜いており、今後もレースごとに首位が入れ替わる接戦を繰り広げることだろう。

キルデを僅差で追いかけるアレクシー・パントュロー。相変わらずの安定感だが、表彰台に立ったのはパラレルGSの優勝のみだ

さて、年が明けて2021年、ワールドカップはここから怒涛の過密スケジュールに突入する。1月6日にザグレブ(クロアチア)で行なわれるスラローム第2戦を皮切りに、1月末のシャモニーまで25日間に13レース。加えてダウンヒルには実戦同様の公式トレーニングがあるわけだから、この間は移動日を除いてほぼ毎日、どこかで何かのイベントが行なわれていることになる。かつては、ボーディ・ミラー(アメリカ)やティナ・マゼ(スロベニア)のように全種目全レースに出るオールラウンダーがいたが、現在のワールドカップには、そういうタイプの選手は存在しない。それでもキルデやパントュロー、マルコ・オーダーマット(スイス)ら、技術系と高速系の種目をまたいで活躍する選手は少なくないので、1月のワールドカップがタフな戦いであることは間違いないだろう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ