人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2021年1月6日

スラローム7レースがポイントか?怒涛の連戦に突入する1月のワールドカップ

SKI GRAPHIC present’sアルペンスキーコラム by SKI GRAPHIC
  • Line

1月の13レース、種目ごとの内訳はダウンヒルが3レース,スーパーG1レース、GS2レース。これに対して、スラロームはなんと7レースも行なわれる。技術系レーサーにとってはまさに正念場だ。とくに、6日にザグレブでナイトスラロームを戦った後、8日からはアデルボーデン(スイス)でGS、GS、スラロームと3連戦がある。移動日は中1日しかなく、しかもザグレブとアーデルボーデンは約1000キロも離れている。おそらく選手はチャーター機での移動となるだろうが、それでもナイトレースの翌日の移動はきついはず。そしてさらに大変なのは、車で走らなければならないチームスタッフ。どんなにぶっ飛ばしたとしても10時間以上のドライブなるので、その労力は並大抵ではない。新型コロナの不安があるなかでの過密スケジュール。くれぐれも大きなトラブルのないことを祈るばかりだ。

J SPORTSでは、そのほとんどをライブ中継する予定。どれも見逃せないレースだが、ここではスラロームの展望について簡単にふれておこう。

男子のスラロームはここまで2レースが行なわれ、表彰台の顔ぶれは以下の通り。

第1戦 アルタ・バディア(イタリア)12月21日
優勝:ラモン・ツェンホイゼン(スイス)
2位:マニュエル・フェラー(オーストリア)
3位:マルコ・シュヴァルツ(オーストリア)

第2戦 マドンナ・ディ・カンピリオ(イタリア)12月23日
優勝:ヘンリック・クリストッファーセン(ノルウェー)
2位:セバスチャン-フォス・ソールヴォーグ(ノルウェー)
3位:アレックス・ヴィナッツァー(イタリア)

と見事に入れ替わっている。ほとんどのレースをマルセル・ヒルシャー(オーストリア)が制し、クリストッファーセン、そしてフェリックス・ノイロイター(ドイツ)らが残りの2席を分け合うことが多かった時代とは、すっかり様相が異なる群雄割拠の戦国時代だ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ