人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2014年12月2日

愛子、アレックスが去ったW杯モーグル。 採点配分変更で誰が笑うか?

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

北極圏に近いリゾート、フィンランド・ルカ。今季もW杯モーグルが恒例の聖地で、12月13日に開幕する。当初はモーグル(シングル)での予定だったが、デュアルモーグルで行われる。
ソチ五輪後、男子では五輪2連覇のアレックス・ビロドウ(カナダ)が引退した。女子は上村愛子がやはりバーンを去った。しかし、W杯王者のミカエル・キングスベリー(カナダ)、ハナ・カーニー(アメリカ)をはじめ、トップ選手の多くは新たな戦いに挑む。

今季、モーグルに大きなルール変更がなされた。これまでターン50%の15点、エア25%の7.5点、スピード25%の7.5点で、トータル30点満点というのが、長年続いてきた採点配分だった。これが今季は、ターン60点満点、エア20点満点、スピード20点満点に変更される。トータル100点満点で、順位は決められるのだ。慣れれば、100点満点のこの形がわかりやすいものとなるだろう。

ターン点は5人の審判が5点満点で採点していたものが、20点満点になる。最上下カットの3ジャッジ採用なのは変わりないので、20×3の60点満点となる。これは、ターン点が10%増したことに加えて、小数点以下一桁までの点数なのは変わりないので、以前より細かく採点できることを意味する。
エア点は、7.5点満点だったものが20点満点に。2人の審判が10点満点で採点するのだが、満点越えを考慮して、難易度点は割合をほとんど変えずに低くされた。
スピード点も、7.5点満点だったものが20点満点に。これはペースセットタイムで滑った場合に、以前は6点だったが、これからは16点になる計算だ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ