人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

スキー コラム 2013年1月11日

ハンナ vs 愛子 vs ジャスティン。ギルボー vs アレックス vs ミック。

ブラボー!!モーグル by Bravoski(ブラボースキー)
  • Line

「これで役者は揃い、新たなステージが始まる!」 1月17日に行われる2012-2013(以下'13季)W杯第3戦、アメリカ・レイクプラシッド大会は、2012年内に行われた第1戦&第2戦とは異なる展開になること間違いない。

まず、レイクプラシッド大会は今季初めての、シングル戦だということである。
W杯モーグルには、1人で滑るモーグル種目(シングル)と2人による対戦形式のデュアルモーグル種目がある。今季の第1戦&2戦はデュアルで行われた。相手に勝ればいいゲーム的なデュアルに対して、1人1人の滑りが採点されるシングル形式は、個々の滑りの能力、完璧さを問われる。相対的ではなく絶対的な力が必要なわけだ。五輪種目になっているのはシングル形式だ。
女子で2連勝中のヘザー・マクフィー(アメリカ)が、シングルでも勝てるか? ここで勝てば、新女王とつき進む可能性が高まる。大きな関門だ。男子では、バンクーバー五輪金メダリスト、アレックス・ビロドウ(カナダ)が、2戦連続表彰台とはいえ、シングルで問われる完成度に関しては果たしてどうか?昨季王者のミカエル・キングスバリー(カナダ)との力関係が、今回で明確になるだろう。

そして、男女とも超大物が復帰する。

男子は、ギルボー・コラ(フランス)だ。'11季の世界選手権&W杯総合王者である。昨季は腰痛のため、全戦出場を見送った。そして今季は、初戦からの完全復帰予定だったが、第1戦の前日トレーニング中にクラッシュ。2週間の休養を余儀なくされ、第2戦も欠場。今回の第3戦で、改めて復帰することとなる。
ギルボーは現在W杯通算13勝。アレックスやミック(ミカエル)の11勝を上回る。'11季の総合優勝も、2人を抑えての栄冠だった。

これでミック、アレックス、ギルボーと王座経験者が揃ったわけである。
さらに3人の王者以外でも、第2戦で優勝したブライオン・ウィルソン(アメリカ)などは、今後も注目だ。彼も、'10年バンクーバー五輪銅メダル獲得以後怪我をし、ついにW杯初優勝にこぎつけた復活組。ダブルフル(後方一回転ニ回捻り)を駆使する、その能力は高い。今回のレイクプラシッド大会で、頂点を争うであろう、3強+αのトップ選手が出揃ったと言えるのだ。

女子はいよいよ、ハンナ・カーニー(アメリカ)が始動する。'10年バンクーバー五輪金メダリストで、'11季から昨季にかけて16連勝という大記録を作った最強女王である。昨年10月のトレーニング中にクラッシュし、肋骨骨折した上に内臓打撲。その影響で第1戦と第2戦は休んだ。そして、地元開催の第3戦レイクプラシッド大会を復帰戦に選んだというわけだ。今季完全復帰の上村愛子とのライバル対決が3年ぶりに実現する。18歳の女王候補、ジャスティン・デュフォーラポイント(カナダ)との力比べも興味深い。

ただしハンナは、エア練習を再開したのが今年に入ってから、というのが本人からの情報である。わずかなトレーニングで、果たして感は取り戻せるのか?復帰初戦での完全復活は、簡単じゃないだろう。場合によっては、来季ソチ五輪までの流れも左右しかねない17日の復帰戦は、非常に興味深い。

ハンナの怪我の影響は?
上村愛子は、休養以後本格復帰シーズンの3戦目で、どれだけ全盛期に戻せているか?
新女王候補ジャスティンは、復興を目指す女王2人に上回る真の力を確保できたか?
2連勝中のヘザーは、さらに勝ち星を重ねられるか?
それらが測れる第3戦レイクプラシッド大会は注目点が多く、今後の女子勢力図に大きく影響する可能性が高い。分岐点となる1戦なのだ。

[写真左]ギルボー・コラ(フランス)は今回の第3戦で、'11季最終戦以来の出場予定
[写真中央]ハンナ・カーニー(アメリカ)は今季第1戦&第2戦を欠場。体調はどうか?
[写真右]アレックス・ビロドウ(カナダ)は今季復帰後、連続2位とまずまずのスタート

[写真左]上村愛子(日本)も完全復帰の今季、初戦で3位表彰台と地力を見せている
[写真中央]ブライオン・ウィルソン(アメリカ)は、第2戦優勝を機にブレイクするか?
[写真右]復帰、復調する女王たちを連勝中のヘザー・マクフィー(アメリカ)は跳ね返せるか?

Bravoski(ブラボースキー)

2021年に創刊40周年を迎える双葉社発刊のスキー専門誌。‘90年代中盤からフリースタイルスキーに着目し、‘98年長野五輪・モーグル種目で里谷多英、上村愛子らが活躍してモーグルが一大ブームとなる。現在ではフリースタイルスキー(パウダー、パーク、モーグル)の専門誌として年間3冊発刊している。ウェブマガジンSTEEPではスキー・スノーボードの様々な情報を毎日更新中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
スキーを応援しよう!

スキーの放送・配信ページへ