人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2017年12月19日

ロシアフィギュアスケート選手権2018女子シングルの見どころ

フィギュアスケートレポート by セルゲイ・ヴォルコフスキー
  • Line

試合の行方

「おそロシア女子」の恐るべき躍進はとどまるところを知らない。今季のグランプリファイナルでは、シニアでワンツーフィニッシュ、ジュニアでは表彰台を独占した。

アリーナ・ザギトワ

アリーナ・ザギトワ

「おそロシア女子」の恐るべき躍進はとどまるところを知らない。今季のグランプリファイナルでは、シニアでワンツーフィニッシュ、ジュニアでは表彰台を独占した。 右中足骨骨折の回復が心配される現世界女王エフゲニア・メドヴェージェワは出場を予定していたが、既に多くの関係者からも、これまでの成績と功績を考慮して国内選手権欠場でも平昌五輪に問題無く選抜されるべきとの声が多かったのだが、直前にやはり欠場することを決めた。 女王が不在になったことにより、表彰台争いは益々激しい火花が散ることになりそうだ。 グランプリファイナル優勝であらためて大注目され、今後メドヴェージェワの牙城を唯一揺るがすことが出来ると言われるアリーナ・ザギトワ。エリート女子選手を量産しているエテリ・トゥトベリーゼコーチの門下生だ。「アリーナ」は、アテネ五輪で優勝した新体操選手のアリーナ・カバエワに因んでつけられた名前だ。カバエワは高難度の技術と驚異の柔軟性で賛否は別れるが新体操界に革命をもたらした選手、奇しくもザギトワは実績とその内容でもカバエワにあやかることになるのかもしれない。

グランプリファイナル2位のマリア・ソツコワは数学が得意な聡明で冷静沈着な選手。経験を積み、今季の試合でもミスが少なく、輝かしい好調をキープしている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧