ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2021/01

S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2021年01月08日

ラグビーは、高校、大学の決勝、トップリーグも予定通り開催の方向

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20201230.jpg

年が明けて、あっという間に8日、試合の見どころなどは、本サイトのコラムに書いたのだが、内容の濃い試合になりそうで楽しみだ。写真は、2回戦のときに花園ラグビー場の第二グラウンドにかかった虹。ほんの2、3分だったけれど、未来への明るい希望が見えたような気がした。

と、このときは思っていたが、新型コロナウイルス感染症の拡大は緊急事態宣言が発出されるまでになった。先行きは不透明で不安は募る。ラグビー界の対応について、18日、日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事が記者会見で方向性を語った。

「大前提として、政府、自治体の指針に基づき、新型コロナウイルス感染症防止策のもと大会開催と各種活動を行っていきます。今回の緊急事態宣言の中では、スポーツそのものを制限する要請はないと思います。スポーツは不要不急の活動に当たらないのではないかと考えています。大会などは予定通り実施していきます」

明日の高校大会決勝(予定通り無観客)、11日の大学選手権決勝(販売済みのチケット購入の観客は入場)は実施。政府、自治体とも協議の上の結論だが、116日に開幕するトップリーグもチケットがすでに販売されている試合については売れた分の観客を入れて開催。第3節以降については検討中。選手会などとも相談し、いずれにしてもリーグ自体は開催し、成立させる方向だ。2月以降に予定されている女子の試合など、すべて現状では予定通り実施する意向だ。大学決勝は国立競技場だが、観客が密にならないよう、トイレ、コンコース周辺、入退場時については特に注意して工夫するという。

岩渕専務理事は、何度も「状況が刻一刻と変化しているので」と確定的なことは言えないと繰り返した。ただ、「スポーツ界、ラグビー界ができることは、2019年のラグビーワールドカップで日本代表が見せたような活動に結びつけることをすること」と話した。国民を元気づけるような姿を見せるために日々努力していくということだろう。

会見で触れられていたが、全国高校大会、全国大学選手権以外にも大会は行われている。16日には、大学選手権に出場しない大学などが参加する第71回全国地区対抗大学ラグビーフットボール大会の決勝が行われ、大阪体育大学が優勝した(関西大学Bリーグ1位として出場)。また、110日には、第51回全国高等学校専門学校ラグビーフットボール大会決勝も開催される。

  • Line