ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/11

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年11月09日

2021年1月16日、トップリーグ開幕戦は「国立競技場」で開催

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

119日、日本ラグビー協会は、2021116日(土)に開幕する「ジャパンラグビー トップリーグ2021」ファーストステージ第1節の東芝ブレイブルーパス対NTTコミュニケーションズシャイニングアークスの開催スタジアムを国立競技場に変更すると発表した(当初は、秩父宮ラグビー場の予定)。この開幕戦は、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と連携し、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の運営準備に向けたオペレーションの確認も行われる予定だという。

また、セカンドステージおよびプレーオフトーナメントの日程、プレーオフトーナメント進出チーム数も決定した。

セカンドステージ=2021326日(金)~425日(日)

プレーオフトーナメント=58日(土)~523日(日)

プレーオフトーナメントは、セカンドステージの各プール上位2チームが進出し、計8チームでのトーナメント形式での開催となる。

※プレーオフトーナメントのキックオフ時間は未定。

トップリーグ後の話題も一つ。20221月に開幕が予定されているラグビー新リーグについて、各チームが動き出しているが、先日、横浜市をホストエリアとすることを発表したキヤノンイーグルスが、大分県をセカンドホストエリアにすることを発表した。

キヤノンからのプレスリリースには次のようにある。

【キヤノンイーグルスは、2022年より、昭和電工ドーム大分(大分スポーツ公園総合競技場)で、公式戦の数試合を開催します。また、大分県でシーズン開幕前の強化合宿を行うほか、ラグビーの普及活動や競技者の育成サポートなど様々な活動を行う予定です。昨年のラグビーワールドカップ2019では、準々決勝2試合を含む全5試合が大分で開催され、大成功を収めました。そのレガシーを継承し、大分県とともにラグビーのさらなる普及と振興に取り組んでまいります。キヤノンイーグルスは今後、先に発表したホストエリアの横浜市、セカンドホストエリアの大分県、練習拠点(キヤノンスポーツパーク)がある東京都町田市の3拠点で活動を行ってまいります】

  • Line