ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/10

S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年10月20日

10月20日のこと。TJペレナラ、大阪の高校ラグビーなど

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

すっかり更新が滞ってしまった。10月に入って、関東大学ラグビーが始まり、関西の大学も交流戦が始まった。試合に飢える日々から、突然、試合数が増えて、すべて見るのも難しい。あっという間に日々が過ぎていく。これは歳のせいかな。

20201020-1.jpg

海外では、ニュージーランドとオーストラリアは、定期戦ブレディースローカップで凄まじい戦いを繰り広げている。写真は、1018日のブレディースローカップ解説・実況陣。オールブラックスのWTBケイリブ・クラークは凄まじい突進だったが、このままスーパースターになるか、注目。ワラビーズも今後強くなりそうだ。

4年前の1020日、平尾誠二さんが亡くなった。いろいろと思い出す。そして、一年前の1020日は、日本代表がラグビーワールドカップで初の決勝トーナメントに進出し、南アリリカ代表と戦った。僕は東京スタジアム(味の素スタジアム)にいて、ピッチレポーターとしてピッチにいた(写真は試合前のスタジオ解説時)。

20201020-2.jpg

日本代表のベンチ横で大観衆の国歌斉唱に感情を揺さぶられ、大型スクリーンに大写しになった流大選手の涙につられて涙した。負けて終わったけれど、いい大会だった。最近、RWC一周年の企画で大会関係者に話を聞く機会が増えて、改めて関係した皆さんにとっても一生忘れられない記憶なのだと実感している。そのインタビュー記事はJRFUメンバーズクラブ会員限定のサイトで読むことができるので、ぜひご一読いただければ。

昨日、NTTドコモレッドハリケーンズにオールブラックスのTJ・ペレナラの加入が明らかに。ハリケーンズからレッドハリケーンズ! もちろん、オールブラックスから引退するわけではない。28歳のペレナラは、184cm、90kgの大型SH。なんでもできるコンプリートフットボーラーだ。リーダーシップもあり、間違いなくレッドハリケーンズのレベルを上げるだろう。「私はこの数年間の日本スタイルのラグビーをとても称賛していましたので、NTTドコモの活躍に貢献することを楽しみにしています。 新しいコーチ陣や新しいチームメイトとこれから一緒に協力していく事も素晴らしいと思っています」

レッドハリケーンズは南アフリカの名将の一人、ヨハン・アッカーマンをヘッドコーチに迎えている。南アフリカ代表のRWC優勝メンバーのWTBマカゾレ・マピンピも加入した。トップリーグでどこまで順位を上げるのか楽しみだ。

追記◎昨日、大阪のJ:COMで全国高校大会の大阪予選3地区準々決勝のダイジェスト番組の収録があった。3地区のベスト8だから全部で24チーム。大差の試合もあったが、平均的なレベルの高さはやはり大阪。公立高校も奮闘していた。北野、茨木、高津など府立の進学校も単独チームで頑張っている。常翔啓光学園も昨年は合同チームだったが、単独チームで復活してきた。みんな頑張れ! 来週は準決勝が6試合。こちらもダイジェストで見られるので、視聴可能の方はぜひ。

▼大阪府内のJ:COMチャンネル(地デジ11ch)

【準々決勝】2020年10月19日(月)~23日(金) 

20:00~21:00

【準決勝】 2020年10月26日(月)~30日(金) 

20:00~21:00

  • 地域情報アプリ「ど・ろーかる」でもLIVE配信!
  • Line