ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/09

S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年09月30日

東芝ブレイブルーパスFWコーチ湯原祐希さん、逝去

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

東芝ブレイブルーパスのFWコーチ湯原祐希さんが亡くなったと聞いて、ただただ驚き、ショックを受けている。享年36。報道によれば自主トレーング中に、突然意識を失ったという。死因などは明らかになっていない。

湯原さんは、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学に進み、東芝ブレイブルーパスではトップリーグ120試合に出場した。日本代表キャップは22。ポジションはFW最前列のフッカー。元気いっぱい、気迫あふれる表情でプレーする選手だった。

僕も何度かトークイベントでご一緒し楽しい話を聞かせてもらった。いつも誠実で、優しくて、ひとことで言えば「好漢」だった。日本代表が世界を驚かせた2015年のラグビーワールドカップのメンバー31名の1人。そして、試合の出場機会がなかった2人のうちの1人だった(もう1人は、廣瀬俊朗さん)。当時のエディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチがこんな趣旨のことを言っていた。「試合に出られなくても、その存在がチームを良くする選手がいる」。

湯原さんは最後まで試合出場を目指していたが、4試合目のアメリカ戦にもメンバー外でラグビーワールドカップを後にすることになった。そのことについて聞いてみると、こう言った。「もちろん、試合には出たいけど、最後は他のチームに比べれば少し力が落ちるアメリカだからって、僕や廣瀬さんの名前がメンバーに入るのはちょっと違うでしょう。それに、いい流れで来ているメンバーがいるのに、ここで変えるのもよくないと思った。メンバー発表で自分の名前がなかったとき、うん、これでいいと思いました」。こうした選手たちの思いが積み重なっての2015年の快挙、2019年のベスト8進出があったのだと改めて思う。

最後に、湯原さんのトークライブの司会をしたときの2011年、2015年の本ブログの文章を抜粋してご紹介したい。少し湯原さんの人柄に触れていただければ。トークライブの写真もあるのだが、なんだかアップする気になれない。心よりご冥福をお祈りいたします。

2011829日 ラグビー愛好日記(抜粋)

日曜日は千葉県の印西市に行ってきた。北総線「印西牧の原駅」で下車して、駅に直結している「BIG HOPガーデンモール印西」の公園劇場ステージへ。午後1時より、印西出身で初めて日本代表に選出され、ラグビーワールドカップ2011に出場する湯原祐希選手の壮行会が行われた。

流通経済大学柏高校時代の恩師である松井監督らから激励の言葉を贈られると、「久しぶりに印西に帰ってきて、こうした壮行会を開いていただき、自分は幸せ者だと思います。たくさんの恩師の方に来ていただいていますが、ワールドカップに行けるのはみなさんのおかげです。試合に出て活躍することが恩返しだと思っています」と抱負を述べた。

僕はトークイベントからラインアウト体験会のあたりを進行したのだが、小学1年生で湯原選手がラグビースクールに通い始めたエピソードがなんど聞いても笑える。テレビで見たアメリカンフットボールがかっこよくて、お父さんに、「これがやりたい」とせがんだら、ラグビースクールに連れて行かれた。そのまま3年生までラグビーだと気づいていなかったのだ。「いつまでたってもヘルメットをかぶらせてくれないと思っていたんです」。

20151212日 ラグビー愛好日記 (抜粋)

12日の夜は、高田馬場ノーサイドクラブでトークライブだった。ゲストは日本代表、東芝ブレイブルーパスの三上正貴、湯原祐希の2選手の予定だったのだが、三上選手が試合で負傷し、病院に直行したため、急きょ変更(三上選手は大事には至らず)。望月雄太選手が来てくれた。そんなわけで、望月・湯原の爆笑トークになったのだが、スクラムについては深い話に。

湯原選手が「望月さんは、NO8からの放り込みが一番上手いですよ」というコメントから8人で組む話になった。最後尾のNO8からの押しが波のよう最前列に伝わっていくのだが、NO8が力を加えるタイミングが相手より少し早いだけで、押せることもあるそうだ。ただ、速すぎるとダメだし、遅すぎてもダメという微妙な世界だという。

湯原選手が務めるフッカーのポジションは、ラインアウトのスローイング、スクラムのフッキングと重要な役目が多々ある。お客さんから、湯原選手がよくキックを追いかけて最前列で走っていることについて質問が出た。すると湯原選手がこんな話を始めた。「ボールのバウンドが変わって、こっちにボールが来ることもあるし、そうなってくれと思いながら走っています。なかなか、そうならないから、俺、持ってないなぁっていつも思います。そのときに相手選手にいいタッチキックを蹴られると、嫌なんですよ。だって僕、ラインアウトのスロワーだから、一番先にその場所に行かなくちゃいけない。息が上がって、はぁはぁなって、必死で息を整えながら投げています(笑)」。話し方もコミカルで場内は爆笑の連続だった。

日本代表が(南アフリカを破る)快挙を成し遂げたラグビーワールドカップ2015の話では一試合も出られなかった湯原選手がその胸中を語った。「廣瀬さんとも話して、とにかくまず試合に出ることにチャレンジしました。メンバーに選ばれなかったら全面的にサポートに回る。落ち込んでいるヒマはありません。試合に出るメンバーは試合に向けて練習の強度が下がっていくのですが、僕らメンバー外は早朝から練習がある。加えて相手チームの選手の特徴を研究して、その動きを練習でやる。練習メニューの厳しさは試合メンバーも知っているし、みんなメンバー外に感謝してくれていました」。まさに、彼らがいてこその快挙だったわけだ。さすがに、最後のアメリカ戦に出られなかったときは、ガッカリしましたか? そう問いかけたときの答えには感動の輪が広がった。「もちろん、試合には出たいけど、最後は他のチームに比べれば少し力が落ちるアメリカだからって、僕や廣瀬さんの名前がメンバーに入るのはちょっと違うでしょう。それに、いい流れで来ているメンバーがいるのに、ここで変えるのもよくないと思った。メンバー発表で自分の名前がなかったとき、うん、これでいいと思いました」

望月選手は最後の挨拶でこう言った。「いい機会を与えてもらったので言いますが、僕は、湯原はもっとメディアに取り上げられていい選手だと思います。ワールドカップで試合に出られなかったのは、湯原と廣瀬で、廣瀬は前キャプテンということもあってよく取り上げられますが、湯原は少ない。でも、日本代表のスクラムが強くなったのだって、湯原が相手をして組んでいたからです。ぜひ、これからも湯原に注目してください」。湯原選手は来て下さったファンの皆さんに感謝し、「みんなでラグビーを盛り上げていきましょう」と締めくくった。

  • Line