ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/08

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年08月08日

サンウルブズよ、永遠に。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

yasuisan.jpg

©JSRA photo by H.Nagaoka

88日(土)、秩父宮ラグビー場(東京都港区北青山)にて「ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ メモリアルセレモニー」が開催された。僕は京都にいて、JSPORTSのオンデマンドでその様子を見ていた。このイベントでサンウルブズの活動が終わるのかと思うと、冒頭のチアリーダーのパフォーマンスで胸を締め付けられるような感覚になった。

堀江翔太選手、大野均さんはじめ歴代のサンウルブズの17選手がフィールドに登場。当初は予定されていなかったリーチ マイケル選手もやってきた。渡瀬裕司ジャパンエスアールCEO、日本ラグビー協会の森重隆会長のあいさつの後、メインスポンサーのヒト・コミュニケーションズの安井豊明社長があいさつに立った(冒頭の写真)。

「早いもので、我がサンウルブズは5年間の戦いを終え、このセレモニーですべての活動を終わるということになりました。(略)負け続きで、いい日ばかりではなかったですけれども、辛い日も温かい声援をいただきまして、スポンサーをする者の立場で改めてお礼申し上げます」

スポンサーの打診を受けたとき、「日本で開催されるラグビーワールドカップの日本代表強化のため、日本初のプロラグビーチームを作って世界最高峰のスーパーラグビーに参戦する」という夢のような話に、ラグビーをしていた者として胸が高鳴った。そのことを忘れることはできないと語った。大変な時期が多かったけれど、ワールドカップの日本代表の活躍を見て「応援して本当に良かった。すべてが救われた気持ちになりました」という。

その後、選手によるトークショーではそれぞれに思い出の試合を語った。リーチ選手は「2018年のブリスベンで行われたレッズ戦」をあげた。大型ビジョンにはボールを持って思い切り突進し、ダブルタックルで仰向けにされる姿が。なぜ、これ? 「カークがレッドカードで退場になったから、チームに良い影響を与えようと思ったら、悪い影響を与えちゃいました」。相変わらず、笑わせてくれる。

表彰式では、最多キャップ(43試合)の浅原拓真選手がトロフィーを授与された。2020シーズンの表彰では、ルーキー・オブ・ザ・イヤー=シオサイア・フィフィタ、チームマン・オブ・ザ・イヤー=木村貴大、プレーヤー・オブ・ザ・イヤー=マイケル・ストーバーグの3選手がそれぞれ受賞した。

セレモニーのあと、オンラインで3選手の記者会見があった。印象に残ったのは、堀江翔太選手のコメントだった。海外出身選手の多いチームをいかに一つにしたのか、良い経験になったのではないかという旨の質問だった。「海外の選手と一つになるのは、日本人は得意な部分だと思います。その部分がサンウルブズで培われたたということはないでしょう。ラグビー部分の経験が一番大きいです。逆に海外の選手が日本人選手って、いいやんと思ったのではないですか」。チームを一つにするのは日本人選手はもともと得意。強豪国の代表クラスの選手と体をぶつけ、戦略、戦術を体感したことこそサンウルブズの価値だと、さらっと話した。ニュージーランド、オーストラリアでプレー経験のある堀江選手だけに説得力があった。

サンウルブズの今後は未知数だが、5年間、チーム運営に携わったスタッフ、コーチ、選手、応援し続けたファンの皆さんに感謝したい。僕もJSPORTSでたくさんの試合を解説させてもらった。シンガポールへもよく行った。2016年の開幕戦(対ライオンズ)、ジャガーズ(ハグアレス)戦の初勝利、2018年、香港でのストーマーズ戦勝利は特に印象深い。安井さんが最後に言っていた。「サンウルブズよ、ありがとう。サンウルブズよ、永遠に」。

▼セレモニーに参加したコーチ、選手は以下の通り。

【コーチ】

大久保直弥 2020ヘッドコーチ、沢木敬介2020コーチングコーディネーター

【選手】  ※()内は参戦シーズン

稲垣啓太(2016-19)、クレイグ・ミラー(2018-19)、浅原拓真(2016-19)、三上正貴(2016-17)、坂手淳史(2017-19)、堀江翔太(2016-19)、大野均(2016-17)、谷田部洸太郎(2017,2020)、ヴィリー・ブリッツ(2017-18)、布巻峻介(2017,2018,2020)、徳永祥尭(2017-19)、中野将伍(2020)、齋藤直人(2020)、田中史朗(2017-19)、小倉順平(2017,2020)、立川理道(2016-19)、リーチ マイケル(2018-19

  • Line