ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/08

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年08月25日

ラグマガ10月号発売&松井千士トークライブ告知

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2020-10.jpg

825日は、ラグビーマガジン10月号の発売日。表紙は、宗像サニックスブルースのレメキ ロマノ ラヴァ、ジェームズ・ムーア。2019年ラグビーワールドカップの日本代表でも活躍した2人だ。巻頭のインタビューもこの2人。ムーアはトップリーグの途中打ち切りが決まってから、いったん母国オーストラリアに戻ったが、2週間ほどで宗像に戻ってきたという。日本の市民権を得たいから。向上心があり、さらに成長して日本代表の軸になってくれるという期待が膨らむ。レメキは、複数のオファーのなかで宗像サニックスを選んだという。「強い相手に勝つ方が面白いから」。

パナソニック ワイルドナイツの坂手淳史、野口竜司、サントリーサンゴリアスの齋藤直人、三菱重工相模原ダイナボアーズのマイケル・リトル、近鉄ライナーズのセミシ・マシレワ、国内シーズン開幕が待ち遠しい。フランスのトップ14のクレルモン・オーヴェルニュでプレーする松島幸太朗の新連載も始まった。オフの日にモナコに行ったり、楽しそうな雰囲気が伝わる。

大学ラグビーの夏合宿の様子、高校ラグビーの練習試合の様子、順調に動き出しているチームの情報を見て嬉しくなってくる。もちろん、コロナ禍で思うようにプレーできない選手たちを救う「#ラグビーを止めるな2020」から発展した「スポーツを止めるな」の話や、菅平高原を救う「WE ARE スガダイラーズ」プロジェクトのことも取り上げられている。

好評連載の「解体心書」は、セブンズ日本代表候補、キヤノンイーグルスの松井千士。キヤノンの顔になり、オリンピックでメダルを獲り、2023年のラグビーワールドカップ出場を狙う。どん欲な姿勢が頼もしい。ラグビー界は動いているので、ぜひご一読を。

お知らせ◎9月1日の夜、松井選手をメインゲストにオンラインのトークライブが開催されます。題して、ラグビー部マーラー「ラグビートークライブ online」#4 松井選手を高校生の時から見ている常翔学園の野上友一監督。おもろくトークで有名な野上監督と松井選手がどんなトークを繰り広げるのか、乞うご期待です。

恩師・野上先生の爆笑トークの前にどうなる?松井チヒト!

ゲスト:松井千士(キヤノンイーグルス 7人制日本代表キャプテン)

野上友一(常翔学園高校ラグビー部監督)

進行:村上晃一(ラグビージャーナリスト)

購入者にはメールでご案内およびURLをお送りしますので、それぞれのご自宅でスマホ・PCなどでお楽しみください

Zoomを使用します。wifi環境推奨です)

申し込みは、以下のサイトより。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01i2ff115rmjj.html?fbclid=IwAR02U680UJ4jBTkxBShjB0OqqcDpfuW6xYfflwLLq38WsOUSUkZ2Gf9nS68

20200825.jpg

  • Line