ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/07

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年07月27日

大久保直弥さんヤマハのHC就任&スーパーラグビー予断許さず

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

cover_2020-09.jpg

サンウルブズのヘッドコーチだった大久保直弥さんがヤマハ発動機ジュビロのヘッドコーチに就任することが発表された。サンウルブズのコーチングコーディネーターだった沢木敬介さんはキヤノンイーグルスのヘッドコーチ、日野レッドドルフィンズは箕内拓郎さんがヘッドコーチに就任した。彼らはみんな1975年生まれの同期で日本代表。どんなチームを作ってくれるのか、その対戦も楽しみだ。

ニュージーランドのスーパーラグビー「アオテアロア」が相変わらず面白い。725日(土)には、唯一全勝で走っていたクルセイダーズがハリケーンズに敗れた。両チームで計7トライが生まれたが、何度見てもため息がでるようなトライが多く、ハイライト映像だけでもおススメ。クルセイダーズのSOリッチー・モウンガは絶好調。何度もディフェンスを崩した。しかし、最後の同点コンバージョンは外した。難しい角度だったし、それまで一本も外していないので責められないが本人が一番残念だろう。

これでハリケーンズは優勝争いに踏みとどまり、ブルーズとの3チームが争う構図に。最終節でクルセイダーズとブルーズの対戦があるので、そこで優勝決定となるのがリーグとしては最高の終わり方だ。それにしても試合があまりに激しすぎて負傷者が多いのが気になるところ。実力が拮抗し、タフすぎる短期決戦に警鐘を鳴らす選手もいる。怪我人が続出する現状は、持続可能なリーグとは言えないということだ。

オーストラリアの「スーパーラグビーAU」は、ブランビーズが3連勝で首位に立ち、21敗のレッズが追う展開。こちらはまだ始まったばかりで、プレーオフ決勝は919日。

前回の本ブログで現行のスーパーラグビーが終わる方向になりそうだという書き方をした。まだ確定ではないとも書いたが、ニュージーランドの新リーグ案に対して、チーム数を減らされるオーストラリア、除外される南アフリカのラグビー協会は反発しており、今後、どうなるか予断を許さない状況だ。再編されること、ニュージーランドとオーストラリアが軸になるのは間違いのないところなのだが。

写真は、ラグビーマガジン9月号。髪の毛の伸びた具智元(グ・ジウォン)選手が新鮮。2023年ラグビーワールドカップを見据える選手たちのインタビューも良い。巻末インタビューは、ブルゾンを脱いだタレント藤原史織さん。

  • Line