ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2020/02

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
1965年京都市生まれ。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
ラグビーの現役時代のポジションは、CTB(センター)、FB(フルバック)。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者、ラグビージャーナストとして活動。
J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2019年の6回のラグビーワールドカップでコメンテーターを務めた。著書に「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)、「ハルのゆく道」(道友社)、「ラグビーが教えてくれること」(あかね書房)などがある。

2020年02月23日

神戸製鋼、強し。トップリーグ第6節結果ほか

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

いま、JSPORTSのオンデマンドで神戸製鋼コベルコスティーラーズ対東芝ブレイブルーパスを観ていた。神戸製鋼の攻撃が分厚く、東芝が圧倒される展開。神戸のNO8タウムア・ナエアタはいつものようにロングゲインを連発した。日本代表入りへ猛アピールだ。それにしても、ダン・カーターである。フル出場で最後までゴールキックも担当して、9トライ中6ゴールを決めた。後半6分くらいだったか、東芝のFBティム・ベイトマンが抜け出してトライかと思われた場面で足首を払う「アンクルタップ」も披露。世界最高のスタンドオフのプレーを多くの人に見てほしいと思う。残された時間は多くはないので。

20200221.jpg

写真は21日(金曜)、スーパーラグビーのクルセイダーズ対ハイランダーズの試合をJSPORTSで解説したときのもの。クルセイダーズの本拠地クライストチャーチのオレンジセリー・スタジアム(前AMIスタジアム)。試合後お客さんがなだれ込んできて、子供たちが走り回るのは昔は日本でも当たり前の風景だった。ラグビーワールドカップでも、1991年大会まではあった。セキュリティーの問題でこうした風景が大きな試合では見られなくなったのは残念だけれど、久しぶりに見てほっこりした気分になった。

22(土曜)は、愛知県のパロマ瑞穂ラグビー場でトップリーグの解説だった。ヤマハ発動機ジュビロは整った理詰めの攻撃で三菱重工相模原ダイナボアーズを圧倒。2試合目のトヨタ自動車ヴェルブリッツ対クボタスピアーズは、終盤にクボタが逆転も、終了間際のPGでトヨタが逆転勝ち。最後のペナルティーを勝ち取ったのは、交代出場のPR吉田康平。緊張した面持ちでPGを決めたSOライオネル・クロニエは、吉田に「最後まで体を張ってくれて、ありがとう」と言葉をかけたという。マンオブザマッチは、トライにジャッカルに躍動した姫野和樹キャプテン。「自分たちの自信を取り戻す試合でした。大きな自信につながる、大きな勝利です」。

スーパーラグビーのサンウルブズは、オーストラリアのブリスベンでレッズと対戦し大敗。攻撃の精度を欠き、相手にチャンスボールを与えてしまっては止め切れない。次節はニュージーランドにウェリントンに乗り込んで、ハリケーンズと対戦する。トップリーグ第6節とサンウルブズの結果は以下の通り。

■トップリーグ第6節結果

222日(土)

◇秩父宮ラグビー場

NECグリーンロケッツ●1226○リコーブラックラムズ

日野レッドドルフィンズ●1469○サントリーサンゴリアス

◇東大阪市花園ラグビー場

キヤノンイーグルス○2210●宗像サニックスブルース

NTTドコモレッドハリケーンズ●340○パナソニック ワイルドナイツ

◇三重交通Gスポーツの杜鈴鹿サッカー・ラグビー場

Honda HEAT1314NTTコミュニケーションズシャイニングアークス

◇パロマ瑞穂ラグビー場

三菱重工相模原ダイナボアーズ●769○ヤマハ発動機ジュビロ

トヨタ自動車ヴェルブリッツ○2018●クボタスピアーズ

223日(日)

◇神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

神戸製鋼コベルコスティーラーズ○570●東芝ブレイブルーパス

■スーパーラグビー20204節結果

222日(土)

◇サンコープ・スタジアム 現地時間18:15キックオフ

レッズ○645●ヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ(前半36-0

  • Line