ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/09

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年09月22日

アイルランドはスコットランドに快勝

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

922日は、横浜でした。前日は池袋のサンシャイン60の展望台でのトークイベントがあり、南端まいなさんの司会で楽しく話をさせてもらいました。サンシャインの展望台ではJSPORTSが見られるようになっており、僕らのトーク中にオーストラリアがフィジーを突き放しました。もし、フィジーが勝つ展開だったら、トークを止めて見入ってしまったかも。

その後は高田馬場のノーサイドクラブ行って、フランス対アルゼンチン、ニュージーランド対南アフリカを観戦。世界各国からやってきたサポーターの皆さんと好試合を堪能しました。帰りの電車の中でもフランス人サポーターと一緒になり、少し話もできて、手持ちのクリアファイルをプレゼント。ラグビーワールドカップ(RWC)の開幕を改めて実感した次第です。フランスの勝利は、プールCの順位争いを混とんとさせそう。イングランドにとっては、追い込まれて牙をむくアルゼンチンは脅威でしょう。

20190922-1.jpg

そして、きょうは日本代表と同じプールのアイルランド対スコットランドを取材しました。解説ではなかったので、じっくりスタジアムの雰囲気も味わうことができました。観客は、前日よりも多い、63731人という発表。両国サポーターが声を張り上げる国歌が心地よく、ハーフタイムにも、カントリーロードの大合唱。スタジアムの演出で音楽が流れるたびに、ノリノリで歌う観客は本当に楽しそう。アイルランドの人たちは本当に声が大きい! ウェールズはもっと大きいらしい。今後もスタジアムの盛り上がりは楽しみですね。横浜のキックオフのときに場内に流れる「よ~っ」の歌舞伎のかけ声は、海外の皆さんも盛り上がって、とても良い気がします。

試合の方は、アイルランドが攻守にスコットランドを圧倒し、4トライのボーナス点を獲得する快勝でした。SHコナー・マレー、SOジョナサン・セクストンの戦略的キックはさすがに正確。キック処理に課題のある日本代表には怖い存在です。タックルの成功率がチーム全体で95%というのも驚異的です。

試合後の記者会見では、アイルランドのジョー・シュミットヘッドコーチに、気の早い報道陣から「準々決勝では南アフリカと対戦することになりそうですね」と質問が飛びました。シュミットヘッドコーチは南アフリカの昨日の試合称賛した上で、「日本は危険なチームです。昨年はイングランドと接戦し、今年のパシフィックネーションズカップは無敗で優勝しています。劣勢になる可能性もあり、まずは日本に勝ち、ロシア、サモアに勝ってから、南アフリカのことは考えます」と答えました。プレーヤー・オブ・ザ・マッチは、アイルランドNO8CJ・スタンダーでした。

20190922-2.jpg

RWCのプール戦は予想通り、下位グループが健闘しています。面白い試合が続きそうですね。

  • Line