ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/07

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年07月04日

J:COM「熱血!トライあんぐる」公開収録!

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

20190703-1.jpg

73日の夜は、大阪・芦原橋のStudio&café MAKEで「ラグビーを歌って、語ろう!in大阪」を開催。J:COM関西圏のラグビー番組「熱血!トライあんぐる」の公開収録でもあり、お客さんも拍手の練習をしたり、オープニングとエンディングでポーズをとったりと、一緒に楽しい時間を過ごすことができた。

いつも番組のMCを務めている、きのせひかるさんと僕とでオープニングトークのあとは、今回のゲスト、ミュージシャンの若林美樹さんと門松良祐さんが登場。ラグビーを歌って語った。若林美樹さんは、番組のエンディング曲でもある「Go for the GOLD」ほか3曲を熱唱。門松さんもラグビーソング「Three cheers」など3曲を、かっこ良い声で聞かせてくれた。

20190703-2.jpg

20190703-3.jpg

後半は、「勝手にスクラムユニゾン」と題して、ラグビーワールドカップにやってくるチームの国歌(ラグビーアンセム)をみんなで歌った。廣瀬俊朗さん、田中美里さん、村田匠さんを中心になって活動する「スクラムユニゾン」に賛同して「フラワー・オブ・スコットランド」、「アイルランズ・コール」を、若林美樹さんのリードで練習して大合唱。「アイルランド、アイルランド」と叫ぶのは気持ちが良い。日本代表と同じプールだけれど、アイルランド、スコットランドの人たちと一緒に歌ったら、とても良い交流ができる気がする。

20190703-4 (2).jpg

みんなで、ワールド・イン・ユニオンも歌った。これも慣れてくると歌いやすいし、各会場で流れる曲なので、皆さんもぜひ覚えていただければ。最後は調子に乗って僕も歌った。どこに行こうとしているんだか。しかし、生演奏で歌う気持ち良さにハマっているのは、たしか(笑)。ライブの様子は、7月後半に放送される「熱血!トライあんぐる」で紹介される。

20190703-4.jpg

ラグビーワールドカップまで、あと78日。楽しむための準備を、楽しく進めましょう!

東京での「ラグビーを歌って、語ろう」(ノーサイドプロジェクトイベント)は、825日、六本木のサテンドールで開催します。

  • Line