ラグビー愛好日記

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

2019/04

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログについて

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。
現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。
87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。
ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

2019年04月07日

ウルフパック、サンウルブズ、マシレワのポーズのこと。

ラグビー愛好日記 by 村上 晃一
  • Line

45日、スーパーラグビーのハイランダーズ対ハリケーンズの解説をし、アタック合戦の打ち合いを楽しんだ。6日、7日は九州ツアーで博多、小倉へ。福岡JC(青年会議所)主催のラグビー座談会は、森重隆さん、向井昭吾さん、瓜生靖治さん、村田毅選手という豪華なメンバーが顔を揃えた。内容はいずれユーチューブで見られると思うので、またご紹介したい。福岡JCの皆さんがラグビーワールドカップを盛り上げたいということで実現した。

45日(金)に行われた「RWCTS(ラグビーワールドカップトレーニングスコッド)ニュージーランド遠征第2戦は、ウルフパックが、ハイランダーズB4621で破った。松島幸太朗は2トライの活躍。姫野の怪我が気になるところだが、帰国後の試合でもファンを喜ばせてもらいたい。

サンウルブズは、6日、メルボルンでオーストラリアカンファレンス首位のレベルズと戦い、1542で敗れた。見る側にとっては、きょうは無理かと思ったら勝ち、期待すると裏切られる繰り返し。ある意味応援しがいのあるチームになっている。なんていうのは、ポジティブすぎるかな。試合内容はサンウルブズの公式サイトに書いたのだが、ここ2試合で5トライという大暴れのセミシ・マシレワのコメントが、他のコーチ、選手と角度が違って面白いのでご紹介しておきたい。

「今日の試合は、最後まであきらめずに戦い続けることができたと思います。私は外側のポジションですが、 内側のポジションの選手たちの健闘を称えたいと思います。非常にハードワークしてくれました。トライを最近多くとれている事については、コーチ達が私の強みであるアタッキングラグビーについて、より自由にプレーさせてくれている事が要因だと思います。コーチ陣に感謝の気持ちを述べたいと思います。トライ後のポーズですが、先週のワラターズ戦の前に、田中選手に映像で教えてもらいました。映像を見るまで私は知りませんでしたが、日本で非常に有名なコメディアンだと聞いています。スネイク(本人のニックネーム)のポーズだけではなく、1つ目のトライを決めた時はこのポーズを取り入れる事にしました」

全国高校選抜大会は熱闘が続いているが、準決勝では桐蔭学園が京都成章に終了間際の逆転勝ち。奈良県勢対決は御所実業が天理を下した。きょう(7日)に行われる決勝戦は、三連覇を狙う桐蔭学園と御所実業の対戦になった。準々決勝で東福岡に快勝した桐蔭学園が圧倒的に強いかとおもいきや、近畿勢はレベルが高い。決勝戦の内容、結果も楽しみだ。

  • Line